ニュース

米国男子WGCキャデラック選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2014年 WGCキャデラック選手権
期間:03/06〜03/09 トランプナショナルドラール(フロリダ州)

左手回復の松山英樹が5時間練習 今大会はマスターズ前最終戦に

前週の米国男子ツアー「ザ・ホンダクラシック」2日目に、左手首痛を訴えてスタート前に棄権した松山英樹が3日(月)、今週の「WGCキャデラック選手権」の開催コース、フロリダ州のトランプナショナルドラールで練習した。

棄権した翌日の1日(土)にマイアミ近郊ドラールに入った松山は、2日(日)から当地で調整を行っていた。この日は正午過ぎにコースに登場。左手の前腕に張り巡らされたベージュのテーピングが痛々しい。だが、周囲の不安はこの日の練習で和らいだ。

アプローチ、そしてドライビングレンジでの打ち込み、最後のパター練習を終えるまで実に5時間。試合中のフルスイングよりは軽めの動きにも見受けられたが、「痛かったら、あんなに打てないでしょう?大丈夫です」と元気な姿をアピールした。

初めて回るコースのチェックは翌日以降に先送り。今大会は予選落ちがなく全選手が4日間プレーすることも、精神的な余裕を生んでいそうだ。「(事前に)回ってもね…どうせ難しいんだから!大典さん(進藤キャディ)は『ホンダクラシックの5倍難しい』って言っていた。(キム)ヒョンソンも『ハンパじゃない』って」と話す表情は、明るい。

松山にとって今週は、4月のメジャー初戦「マスターズ」前の最終戦となる。

前週の棄権以前から決めていたスケジュールで、今大会後に一時帰国して、3月20日の東北福祉大の卒業式にも出席。また、昨年終盤は、米ツアーのシード権や国内ツアーの賞金王獲得に向けた戦いの無理がたたって体調不良や故障に悩まされた反省も生かし、メジャーが待ち構えるシーズン本格化を前に国内で精密検査にも臨むつもりだ。

2年ぶりのオーガスタに立つ前のオープンウィークは4週間。これからアクセルを踏み込もうとする米ツアー主力メンバーと比べると、実戦感覚の面で心配する見方もある。しかし松山は以前から「“試合勘”とかは気にしたことはない」という感覚の持ち主。「タイガーなんかは半年くらい休んで、いきなり試合に来て、勝ったりするじゃないですか。あまり関係ないと思う。少なくとも僕は気にしない」とも話してきた。

さらに言えば、日本人史上初となるローアマチュアを獲得した2011年、2度目の決勝ラウンドを戦った12年も、同様のスケジュールでプレー。再渡米の日程など、今後の具体的な予定は決まっていないが、じっくりと大舞台と向き合うつもりだ。(フロリダ州ドラール/桂川洋一)

桂川洋一(かつらがわよういち) プロフィール

1980年生まれ。生まれは岐阜。育ちは兵庫、東京、千葉。2011年にスポーツ新聞社を経てGDO入社。ふくらはぎが太いのは自慢でもなんでもないコンプレックス。出張の毎日ながら旅行用の歯磨き粉を最後まで使った試しがない。ツイッター: @yktrgw

関連リンク

2014年 WGCキャデラック選手権

GDOゴルフ速報アプリ

松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのiPhoneへお届けします。
● 各ツアーの速報をiPhoneへ配信!
● 見やすいフォントサイズに変更できます!



特集

宮本卓×GDO 旅する写心
2018年にGDOニュースにて最も読まれた記事をランキングしました!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~