ニュース

米国男子ファーマーズ・インシュランスオープンの最新ゴルフニュースをお届け

2012年 ファーマーズ・インシュランスオープン
期間:01/26〜01/29 トーレパインズGC(サウス、ノースコース)(カリフォルニア州)

FedEx Cup王者ビル・ハース パット好調の要因は・・・

昨年、FedEx Cupのタイトルを手にしたビル・ハース。カリフォルニア州のトーレパインズGCで開幕した「ファーマーズ・インシュランスオープン」で初日、9アンダーをマークして首位に1打差の3位タイでスタート。2日目は難度の高いサウスコースで1つ伸ばすにとどまったが、通算10アンダーの5位タイと好位置で予選ラウンドを終えた。

初日にノースコースでプレーしたハースは、同日、全選手中最多となる11バーディを奪取。その要因は流行中のベリーパター、いわゆる中尺パターのちょっとしたアレンジだったという。

ハースはハワイで行われた開幕2試合でベリーパターを使用していたが、調子が上がらず、前週の「ヒュマナチャレンジ クリントンファウンデーション」で“普通の”長さのパターに替えた。しかし結果は74位。1ラウンドも30パットを切ることがなかった。

そして今週、昨年の最終戦「ザ・ツアー選手権」で勝った際に使用していたものでもあるベリーパターに再びスイッチ。ところが「ちょっと長いような感じがしてね。ボールが遠くてしっかり見えていないというか・・・」とシャフトを1インチ短くしたとたん、ビッグスコアをたたき出した。

昨年、キーガン・ブラッドリーがベリーパターの使用者として初めて全米プロを制し、ウェブ・シンプソンがシーズン終盤にルーク・ドナルドと賞金王を争うなど、新世代の選手たちが使うこのパター。あまりに“入る”現状も含め、R&A、USGAのルールで新たな規制が敷かれるのではと、昨年から論争が巻き起こっている。

しかし、ひとことで「中尺」といっても、そこにはハースのように微妙な調整が必要のよう。そしてもちろん、たゆまぬ努力も。あまりの流行りっぷりに、巷では“魔法のステッキ”のように取りざたされているけれど、アマチュアにとってもサイズや重量選びなど、慎重に、そして真摯に向き合う必要がありそうだ。(カリフォルニア州サンディエゴ/桂川洋一)

関連リンク

2012年 ファーマーズ・インシュランスオープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~