ニュース

国内女子ワールドレディスチャンピオンシップサロンパスカップの最新ゴルフニュースをお届け

「今週勝てたら・・・」三塚優子が地元で初メジャー制覇を狙う

2009/05/06 18:34


国内女子ツアー第8戦目で、今季の国内女子メジャー第1戦となる「ワールドレディスチャンピオンシップサロンパスカップ」が、今年から会場を茨城県の茨城ゴルフ倶楽部・西コースに移し、新たなスタートをきる。そして、この試合を自身のメジャー初制覇の場にしようと地元茨城県出身の三塚優子が、練習に励んでいた。

自宅からコースまでは道路が空いていて40分、渋滞した場合は1時間近くかかるため、地元とはいえホテルからコースに通うことになった。しかし、慣れ親しんだ茨城での試合に否が応でも気分は高ぶっている。今季の開幕戦「ダイキンオーキッドレディスゴルフトーナメント」でツアー通算3勝目を挙げた三塚は、先週の試合が終了した時点で、横峯さくらに首位の座を奪われてしまったが、2,600万円以上を稼ぎ横峯に約500万円差の2位につけている。

<< 下に続く >>

三塚は今回の開催コースとなる茨城ゴルフ倶楽部には、プライベートで10回以上ラウンド経験がある。この日行われたプロアマ戦ではティショットを狙い通りの方向で、次打が打ちやすい好位置を完璧に捕らえた。ドライバーショットの飛距離もさらに伸びているため「今週は三塚の優勝で決まりだね!」と声をかけると、「勝ったらアメリカ行っちゃおうかな・・・」とつぶやいた。

目標の一つに米ツアー進出をあげる三塚だが、開幕戦を優勝した直後は「今すぐとかではないですが、(自分なりに納得がいく)時期が来たら挑戦したい」と語っていた。今週の試合で勝てば複数年のシード権を獲得できるのと、賞金額を加算することで、「全英リコー女子オープン」の出場もほぼ確定させることができ、ますます海外志向が強まることが予想される。

しかし、三塚にも葛藤がある。それは、米ツアーに進出することが自分や周囲にとってベストな選択かどうかだ。自分の実力を試すために海外の試合に挑戦はしてみたい。しかし、国内女子で活躍する多くの選手が日本ツアーから離れたら、国内の人気はどうなるのだろうかと。

この気持ちは三塚だけでなく多くの選手が口にする。先週、ツアー2勝目を果たした有村智恵も「海外ツアーという気持ちはありますが、今はスポットで参戦できればそれで良いと思っています。むしろ、日本のツアーを盛り上げて、海外の選手たちが日本ツアーに出たいと憧れるようなツアーにしたいですね」。協会関係者が聞いたら、涙を流して喜ぶようなことを今の若手選手は真剣に考えている。

今大会の招待選手の一人ポーラ・クリーマーは、米ツアーでも大きな大会が行われている今週、あえて日本のメジャー大会に出場することを選んだ。「メジャーというのは特別ですので、日本のメジャーに出場できるのは少ないことですし、このチャンスを生かしたいと思って出場を決断しました」。ポーラは単なる招待選手ではない。「出場する以上、優勝するつもりで来た」と公言している。ハイレベルなプレーで勝敗を分け、海外の選手に負けないよう国内の選手も努力を続ける。そんな展開が続く限り女子ツアーはまだまだ盛り上がっていくことだろう。(編集部:本橋英治)

おすすめ記事通知を受け取る

2009年 ワールドレディスチャンピオンシップサロンパスカップ




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!3月のマンスリーゲストには三浦桃香プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!