ニュース

国内女子日本女子オープンゴルフ選手権競技の最新ゴルフニュースをお届け

前半不調・・・フォンを襲った“ズボンの災難”

好調なショットでボギーを僅か1つに抑え、単独首位で「日本女子オープン」初日を終えたフォン・シャンシャン。迎えた2日目はしかし、2番、7番、8番とボギーを立て続けに重ね、前半に首位の座から陥落する。ショットが安定せず、フォンらしからぬ一転しての変調。実はこの時、フォンはプレーに集中しきれない、ある“緊急事態”に見舞われていた。

フォンの組についていたギャラリーは、不思議に思ったかもしれない。スタートホールの1番、2番は赤を基調としたズボン。しかし、3番からは雨も降っていないのに、黒のレインウェアを着用。さらに後半10番からは白いズボンに履き替え、計3着のズボンでプレーをしていたのだ。

「最初からトラブルが続出で・・・」と切り出すフォン。スタート前にズボンのボタンが外れてしまい、ベルトだけでズボンを支えた状態で止むを得ずティオフ。替えのズボンは用意しておらず、3番からは仕方無くレインウェアを着用した。その間、幸いにも観戦に来ていた母親にホテルまで替えのズボンを取ってきてもらい、ようやく届いた白ズボンに後半から履き替えることができた、というわけ。

「それからは落ち着いてプレーが出来たけど、前半はショットに集中できずメチャクチャになっちゃいました」。その後半は1バーディ、1ボギーとイーブンにまとめ、再び単独首位の座を奪回。「母が来てくれていて、ラッキーでした」と笑いながら災難を振り返った。

メジャー戦を包む緊迫感からかけ離れた、思わず頬が緩んでしまうトラブルとエピソード。興味津々の様子で話しを聞く報道陣に対し、「明日もズボンを3枚持ってきて、履き替えましょうか?」と笑いを誘うトドメの一言。海外メジャーチャンプは、リップサービスも抜群だ。(神奈川県横浜市/塚田達也)

おすすめ記事通知を受け取る

塚田達也(つかだたつや) プロフィール

1977年生まれ。工事現場の監督から紆余曲折を経て現在に至る。35歳を過ぎてダイエットが欠かせなくなった変化を自覚しつつ、出張が重なると誘惑に負ける日々を繰り返している小さいおっさんです。

関連リンク

2012年 日本女子オープンゴルフ選手権競技




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!10月のマンスリーゲストには幡野夏生プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。