ニュース

国内女子樋口久子 森永製菓ウイダーレディスの最新ゴルフニュースをお届け

優勝争いと、もう1つの過酷な争い

2011/10/30 20:53

有村智恵馬場ゆかりとのプレーオフを制し、熱戦の幕を閉じた「樋口久子 森永製菓ウイダーレディス」。その裏で、もう1つの争いが繰り広げられていた。今週を終えて賞金ランキング70位以内に入れば11月2日から始まるセカンドQTが免除され、サードQT(同月22日~)から出場できる権利を得られるのだ。

最終日を前に話題に上っていたのが、単独首位の永井奈都と、4位タイの原江里菜。永井は同75位、原は同87位と圏外におり、カットラインまで最低でも、永井は約147万円、原は約400万円以上を稼ぐ必要がある状況だった。

永井は優勝争いの渦中にいながらも、同時にQT争いの状況も見据えていた。「可能性があるとすすれば、5位くらいに入ればと思っていた」。しかし、最終日は「75」と大きく崩れ、通算3アンダーの6位タイに後退。ホールアウト直後は「ギリギリ駄目だと思う」と諦め顔だったが、賞金約186万円を獲得して同68位に浮上。辛くも今週の最低条件はクリアした。

一方の原は単独4位以上が最低条件だったが、通算2アンダーの13位タイでホールアウト。約100万円の加算にとどまり、3日後のセカンドQTへの参加を余儀なくされた。「大丈夫かな、とは思っています。このコースセッティングでやったあとなので、(QTは)簡単に感じると思う」と気丈に話すが、今週のチャンスを活かして一気にシード入りを叶えたかったのが本音だろう。華やかな優勝争いの裏で、その当事者が、来季の出場権を争う過酷なレースも繰り広げている。勝負の世界の厳しい現実を、改めて思い知らされる週末だった。(千葉県市原市/塚田達也)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2011年 樋口久子 森永製菓ウイダーレディス




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!11月のマンスリーゲストには木下彩プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。