ニュース

国内女子SANKYOレディースオープンの最新ゴルフニュースをお届け

パチンコを愛するもの同士の引力!? <表純子>

2011/10/08 17:34


女子プロゴルフ界でも大のパチンコ好きとして知られる表純子が、「SANKYOレディース」2日目に3番パー3でホールインワンを達成。大会主催者より20万円が贈呈され、「やりました!」と満面の笑顔を見せた。

もちろん、賞金の使い道は言わずもがな。今大会の主催者がパチンコメーカーのSANKYOとあり、からめながら話す口調も滑らかだ。「最近は負けていたので、パチンコ代も帰ってきて良かったです。今年は旦那もけっこう負けていますし」と破顔する。ホールインワンも弾みとなり、この日「70」をマークして通算1アンダーの17位タイに浮上。そんな表が最終日に狙いをつける、もう1つの賞がある。

35歳以上の選手の中で、10位以内に入った最上位者に贈られる『ナイスミドル賞』だ。賞金は100万円とさらにビッグで、昨年大会は表が7位タイに入り獲得している。2年連続の受賞に向け、「今年も狙いますよ。みんなと相談して、誰かが獲ったらおごろう、という話しになってるんですよ」と鼻息は荒い。福嶋晃子米山みどり藤野オリエら同世代と結託し、戦闘体勢は万全だ。

今年度の“2冠”を目指し、明日の最終日に臨む表。「この試合は、楽しみがあっていいですね」と、もう何度目か分からない笑顔を見せる。やはり、パチンコを愛するもの同士の引力なのか。今大会とはいろいろと相性が良いようで・・・。(群馬県高崎市/塚田達也)

おすすめ記事通知を受け取る

塚田達也(つかだたつや) プロフィール

1977年生まれ。工事現場の監督から紆余曲折を経て現在に至る。35歳を過ぎてダイエットが欠かせなくなった変化を自覚しつつ、出張が重なると誘惑に負ける日々を繰り返している小さいおっさんです。

関連リンク

2011年 SANKYOレディースオープン




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!11月のマンスリーゲストには木下彩プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。