ニュース

国内女子ヨネックスレディスゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

芸能界入りは封印!ゴルフに集中する竹村家の次女・千里

2006/08/25 18:00

ヨネックスレディス初日。スタートホールの10番から5メートル程のバーディパットを次々と決めて4連続バーディのロケットスタートを見せたのはアマチュアの竹村千里(18歳)だった。前半を3アンダーで、18番でリーダーズボードを見ると、一番上に自分の名前があった。

「ちょっと、びっくりしましたね」。見なければ良かったと後悔したが、時すでに遅し。直後の1番パー5で2打目を右に曲げてロストボールにするなど4オーバーの「9」を叩くと、その後は悪くなった流れを引き戻せずに、後半だけで10オーバーの「46」。結局7オーバー96位タイで波乱万丈な1日を終えた。「最初はパターが入ってくれてびっくりしたけど、後半はいつもどおりでしたね(笑)」。ちょっぴり残念そうな表情で振り返った。

一時は、芸能界で活躍する姉(愛美さん)がいることから、千里自身も芸能界入りを噂されたことがある。だが今は「ゴルフだけ」。今年は、プロテスト・QTともファイナルには進めなかったので、それが来年以降の目標だ。

ゴルフ界では、妹の真琴(16歳)と共に美人姉妹として有名な竹村家。父・浩一さんによると、姉はおとなしめで、妹は負けん気が強いタイプという。今日のラウンド後の練習グリーンでは、二人仲良く練習する姿が印象的だった。これからの活躍が期待されるビジュアル系女子アマチュア。顔と名前は覚えておいたほうが良いかも知れませんよ(編集部:今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

今岡涼太(いまおかりょうた) プロフィール

1973年生まれ、射手座、O型。スポーツポータルサイトを運営していたIT会社勤務時代の05年からゴルフ取材を開始。06年6月にGDOへ転職。以来、国内男女、海外ツアーなどを広く取材。アマチュア視点を忘れないよう自身のプレーはほどほどに。目標は最年長エイジシュート。。ツイッター: @rimaoka

2006年 ヨネックスレディスゴルフトーナメント




特集SPECIAL

全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには高木優奈プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。