ニュース

国内女子中京テレビ・ブリヂストンレディスオープンの最新ゴルフニュースをお届け

最終組だからこそ表面化した、観戦マナー問題

2009/05/23 19:54


「中京テレビ・ブリヂストンレディスオープン」2日目、前半に怒涛の4バーディを奪い、一時は2位と4打差。ショットが冴え渡り、独走態勢を築きつつあった三塚優子だったが、10番ティグラウンドでカメラ絡みのトラブルに見舞われた。

「素振りをしていたら、左から(カメラの)フラッシュを炊かれて、アドレスに入った時に右から何台か(携帯電話のカメラの)音が聞こえたんです」。過去にアドレス時にシャッター音が聞こえた時には、アドレスを外してショットを打つことは何度もあり、「それでミスをしたことはなかった」という。だが、今回はアドレスを解くことなく、そのままティショットを放ってしまい、ボールは大きく左へ。「一回、アドレスを外せば良かったのですが…」と悔やんでいた。

<< 下に続く >>

このホールをボギーとすると、その後11番、12番とまさかの3連続ボギー。「あれが原因ではないと思うけど、動揺していたかと言えば、あったとも思う」と三塚。その後も15番でボギー、16番パー5ではティショットを大きく右に曲げてロスト、ダボも叩いた。「集中力が無かったと言えばそれまで」と自身の責任も認めたが、「私だけじゃなくて、カメラや携帯音はその後も動揺が続いてしまうので、止めて欲しいと思います」と、プレーヤーの総意として意見を述べた。

今大会に限らず、実際コースを歩いていれば、携帯電話のレンズを選手に向けたギャラリーとは何度も遭遇する。今回は、首位を走る最終組で起きたからこそ表面化したわけで、見過ごされているケースがほとんど。一部の心無いギャラリーの行動が、選手やファン、引いては開催地のイメージをも損ねかねないことを自覚して欲しいと願う。

おすすめ記事通知を受け取る

2009年 中京テレビ・ブリヂストンレディスオープン




特集SPECIAL

やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!1月のマンスリーゲストには小林瑞季プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!