ニュース

国内女子ヨコハマタイヤゴルフトーナメントPRGRレディスカップの最新ゴルフニュースをお届け

森田理香子の予選落ちとプロテスト受験

2008/03/22 09:40

昨年、日本女子オープンのローアマチュアを獲得し、今年プロテストに挑む森田理香子。レベルが高い今年のプロテスト組の中でも、実力・実績から見てトップ通過が期待される選手の一人だ。

しかし、今週の「PRGRレディスカップ」では、初日「77」、2日目「78」であえなく予選落ち。2月に米女子ツアーの「フィールズオープン」に推薦で出場したときも、ドライバーが左右にぶれて苦しんだが、今大会でもその症状は改善されていなかった。

プロの試合はセッティングも厳しくレベルが高いとはいえ、本来はもっと活躍してしかるべき。プロテスト受験を前に一抹の不安がよぎるが…。

森田本人に話を聞くと、「筋トレしてパワーアップしたっていうのもあると思うし、(ドライバーの)顔とかがダメになると、ダメなんです」という。今使っているドライバーは約2年使い続けているもので、メーカーはシャフトを入れ替えたりして調整しているが、最近はいまいちしっくり来ていない。

その裏には、プロデビューを前にしたこの時期、有望選手を確保しようと各メーカーが必死の争奪戦を繰り広げていることも関係しているようだ。「今しかないので、テストはしています」と、森田もその事実を認めている。目の前の試合も大事だが、長い目で見た将来も大事。期待の新人のプロデビューに向けて、何かと慌しい動きは続きそうだ。(編集部:今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

今岡涼太(いまおかりょうた) プロフィール

1973年生まれ、射手座、O型。スポーツポータルサイトを運営していたIT会社勤務時代の05年からゴルフ取材を開始。06年6月にGDOへ転職。以来、国内男女、海外ツアーなどを広く取材。アマチュア視点を忘れないよう自身のプレーはほどほどに。目標は最年長エイジシュート。。ツイッター: @rimaoka

2008年 ヨコハマタイヤゴルフトーナメントPRGRレディスカップ




特集SPECIAL

全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには高木優奈プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。