ニュース

国内女子廣済堂レディスゴルフカップの最新ゴルフニュースをお届け

アイアン替えても心配なし!初優勝狙う原江里菜

2008/05/30 17:50


「廣済堂レディスゴルフカップ」が開幕したが、今週は出場を見合わせている選手が多い。国内女子ツアーは今季37試合が予定されていて、開幕戦以降オープンウィークになるのは3月最終週と7月第5週だけ。連戦を戦う選手にとって、休養をとることも大事な体調管理となる。

その予定はたまたま今週に固まってしまい、現在の賞金ランキング10位以内では、福嶋晃子古閑美保山口裕子の3人しか出場していない。上位選手が少ないということで、多くの選手がチャンスとばかり意気込むが、昨年初シードを獲得した原江里菜も例外ではない。オフシーズンに出場試合の予定を聞いたら「体力が続く限り出ます!私試合を選んで休めないんです」と話していたが、開幕戦から13試合、原としては予定通り全試合出場している。

初日、4アンダー5位タイの好スタートを切った原だが、先週の試合からアイアンセットを丸ごと替えたという。アマチュア時代から5年間愛用していたミズノのアイアンから、プロギアのis3 アイアン 501に替えた。シーズン前にテストはしていたが、開幕戦から11試合は使い慣れたミズノのクラブで戦ってきた。「フジサンケイレディスクラシック」で2位に入るなど好成績も上げているのだが、急遽変更することにした。

「前のアイアンはずっと使ってきましたので愛着はありますよ。でも、替えてみようと思ったんで替えちゃいました。距離も出るし、今は良い感じなのでしばらくこれで行こうと思いますが、いつまで使うかはわかりません。来年あたり契約しているかも(笑)」。

ここ数試合は初日にスコアを伸ばすことが出来なかった原は「明日を終えて、良い位置にいられたら優勝という気持ちも出てくると思います。今回は良いスタートがきれたので、良い流れをつなげていきたい」と、優勝という今季の目標に向かってニューアイアンでスコアアップを目指す(編集部:本橋英治)

おすすめ記事通知を受け取る

2008年 廣済堂レディスゴルフカップ




特集SPECIAL

全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには高木優奈プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。