ニュース

国内女子ベルーナレディースカップゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

古閑美保が主催者推薦枠で出場!?

2008/07/03 18:22


今週開催される「ベルーナレディース」に出場する古閑美保。通常ならばシード権を持つ古閑はエントリーさえすれば出場できるが、当初は出場する意思がなかったため、期限(開催4週間前の金曜日17時)までにエントリーしていなかった。

しかし、2週間前の「ニチレイPGMレディス」を欠場して臨んだ翌週の「プロミスレディス」ではパットに苦しみ、考えが変わった。「休むと試合勘が鈍ってしまう。パットが一番影響するんですよ。先週も2、3メートルのパットがぜんぜん入らなかったし、流れも掴めないんです」と、先週3日間の平均パット数は32.3。「やっぱり30は切らないと…」。再び1週間試合から離れることへの焦りが、古閑に出場への意欲を固めさせた。

だが、既にエントリーは締め切られ、出場選手も確定している。当初は協会からNGが出ていたが、幸運にも主催者推薦枠に1つ空きができ、先週末に出場が決定。通常なら出場資格を持たない選手やアマチュアが選考される主催者推薦枠で、急遽出場できることになった。

「去年は予選落ちしているし、今は流れも良くないし…。正直いいスコアが出る気はしませんが、悪い中でもベスト10には入りたいですね」と話す古閑が掲げたのは、“大事に”プレーすること。「3パットはダメージが大きいし、ボギーを打たないようにしたいです。勉強しながら回りたい」。失った試合勘を取り戻すべく、初心に戻る心構えだ。(編集部:塚田達也)

おすすめ記事通知を受け取る

塚田達也(つかだたつや) プロフィール

1977年生まれ。工事現場の監督から紆余曲折を経て現在に至る。35歳を過ぎてダイエットが欠かせなくなった変化を自覚しつつ、出張が重なると誘惑に負ける日々を繰り返している小さいおっさんです。

2008年 ベルーナレディースカップゴルフトーナメント




特集SPECIAL

全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには高木優奈プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。