ニュース

国内女子スタンレーレディスゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

11年ぶりの女王復帰も!?今季2勝目の福嶋晃子

2008/07/20 17:47

見事な逆転勝利で今季2勝目を挙げた福嶋晃子の会見場での第一声は、「良く分からないうちに勝ってしまいました(笑)」だった。スコアは出ていても、自分本来の感覚でプレー出来ていないという福嶋は、「あまり良くなかったので、何も考えずに18ホールを回ろうと思いました。ただ目の前のショットのことだけ考えて、スコアがいくつかも分からなかった」と振り返った。

初めてトップに並んだ8番。だが、続く9番の第2打は「距離とか良く分からないまま打ってしまって」と、グリーン奥のカラーとラフの境目に止まる。そこからのアプローチを5m程オーバーして、返しのパットも外してボギー。追いついた直後の流れとしては最悪だったが、「ボギーでも、バーディでも関係ない。次のショットのことだけ考えた」と、ミスを引きずることは無かった。

前日の夕方は、甥っ子や姪っ子たちと、近くの釣堀に行ってリフレッシュ。ニジマスを20匹近く釣り上げ、「凄く楽しかったです」と笑う。オンとオフの切り替えが秀逸だ。成長するにつれトーナメントのことを理解し始めた子供達の声援も、「プレー中は力むので、(応援に応えたい気持ちを)抑えて、目の前の1打に集中した」と、さらりとかわす。

ショットが不調の中で、勝因にあげたのは気持ちの強さ。「みんなに負けないくらい強い気持ちでやった」と福嶋。好調時は何も考えずに自然と出来るが、不調の時も同じ強さを保つのはベテランの技といえるだろう。「10年位前には自分をコントロール出来ていたけど、今はまた出来始めている感じがする」と、96年、97年と連続で賞金女王を獲った頃を引き合いに出した。

現在は体、とくに腰には不安も痛みも無いという。暑い夏場の方が体にも良いようで、この好調さはしばらく続きそうだ。「今日は勝てたけど、来週とか次の試合に繋がるゴルフの内容ではなかった」というが、それでも勝ってしまうのだから恐ろしい。(編集部:今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

今岡涼太(いまおかりょうた) プロフィール

1973年生まれ、射手座、O型。スポーツポータルサイトを運営していたIT会社勤務時代の05年からゴルフ取材を開始。06年6月にGDOへ転職。以来、国内男女、海外ツアーなどを広く取材。アマチュア視点を忘れないよう自身のプレーはほどほどに。目標は最年長エイジシュート。。ツイッター: @rimaoka

2008年 スタンレーレディスゴルフトーナメント




特集SPECIAL

全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには高木優奈プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。