ニュース

国内女子ゴルフ5レディスプロゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

金田久美子、悪夢からの再起

2008/09/06 18:54


今年のプロテスト(7月29~31日)でトップ合格の大本命と目されていながら、まさかの落選を喫した金田久美子。この“事件”後、初めて今週の「ゴルフ5レディス」の場に姿を表した。自らも「トップ合格を狙います」と公言していただけに、ショックの大きさは計り知れないものがあっただろう。

その金田、初日こそ69位タイと大きく出遅れたものの、2日目は怒涛の6連続バーディを含む7バーディ、ノーボギー。通算5アンダーとし、予選落ち圏内から一気に7位タイに急浮上した。晴れやかな表情で会見の場に現れた金田。しかし、途中からプロテストの話題になると、少しだけ表情を曇らせた。

「プロテストは、自分にプレッシャーをかけすぎていました。周りのプレッシャーもあったし、いろいろなことを考えすぎていました」と、苦い記憶を振り返る。「いつもは、ラウンド中もゴルフのことは考えないんです。今夜は何を食べようとか、髪の色のこととか…。今年に入ってからは、ラウンド中にゴルフのことを考え過ぎていました」。プロテストという言葉が気負いとなり、「自分らしくない」自分を作り上げてしまった。

プロテストを終えて5日後、気分転換にと、友人ら4人と沖縄旅行へ。「すごく励まされた」という金田は、「帰ってきてから頑張ろう、という気持ちになった」という。その効果か、8月20日から開催されたファーストQTを2位通過。そして今週の活躍と、気分的にも吹っ切れたように見える。元気いっぱいの“キンクミ”が帰ってきた。(編集部:塚田達也)

おすすめ記事通知を受け取る

塚田達也(つかだたつや) プロフィール

1977年生まれ。工事現場の監督から紆余曲折を経て現在に至る。35歳を過ぎてダイエットが欠かせなくなった変化を自覚しつつ、出張が重なると誘惑に負ける日々を繰り返している小さいおっさんです。

2008年 ゴルフ5レディスプロゴルフトーナメント




特集SPECIAL

全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには高木優奈プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。