ニュース

国内男子日本プロゴルフ選手権大会 日清カップヌードル杯の最新ゴルフニュースをお届け

子ども達の憧れに!井上忠久先生が3位発進

プロゴルファーNO.1をかけた戦い「日本プロゴルフ選手権大会 日清カップヌードル杯」は、レギュラーツアーで戦う選手以外に、この大会だけの予選会を勝ち上がった選手60名も出場している。そのランキング51位で資格を得た井上忠久が、初日に2アンダーの3位タイにつけた。

「『75』を切れば良いという目標だったんです。コースレートが77.4でしょ。プロとしてハンディキャップを考えると75なら上出来と思って。最近ドライバーショットがダメで今日は3番ウッドばっかり(9回)使ったのですが、それがフェアウェイに行ってくれて」。

<< 下に続く >>

関西出身で開催コースのゴールデンバレーGC(兵庫県)は馴染みもあるのかと思いきや「10年ぶりですかね。難しい印象だけはあります。今回、事前の練習ラウンドもしていないです。なにしろ出場できるのが分かったのが先週の土曜日なので」。予選会で出場ラインぎりぎりだった井上は、開催週の直前に出られることが分かって、慌ててホテルやキャディ探しを始めたという。

レギュラーツアー出場は2012年「コカ・コーラ東海クラシック」以来2シーズンぶり。現在はチャレンジツアーを主戦場とし、空いた時間には地元大阪で開校したゴルフスクールでジュニアに無料でレッスンを行っている。「ゴルフはお金がかかるから、せめて子どもたちには無料で楽しんでもらいたいと思って」。ゴルフ界の底辺拡大はプロとして1つの務めだ。

「今週は土曜日に会場に来てくれるという教え子がいる。最終日にはティグラウンドに子どもと手をつないで上がるキッズエスコートに申し込んだという子もいるし…。だから、予選落ちで帰るわけにはいかないんですよ」。

子どもたちの憧れの存在で有り続けたい。最終日は38歳の誕生日でもある。井上先生は、教え子からのプレッシャーを心地よく意気に感じ、11年「カシオワールドオープンゴルフトーナメント」以来、実に3シーズンぶりの決勝進出へ突き進む。(兵庫県西脇市/本橋英治)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2014年 日本プロゴルフ選手権大会 日清カップヌードル杯




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!