ニュース

国内男子ダイヤモンドカップゴルフの最新ゴルフニュースをお届け

高橋竜彦「ゴルフとの距離感」

ツアー通算2勝、2006年には国内メジャーの「UBS日本ゴルフツアー選手権 宍戸ヒルズ」を制した高橋竜彦。しかしそれ以降は勝利から見放され、苦悩に満ちた日々を長く過ごしている。2009年には予選通過がわずか3試合。翌10年はついにゼロ。そして昨年、賞金ランクは100位に終わり、メジャーで手にした5年シードを喪失した。

その高橋は24日(木)、千葉県のザ・カントリークラブ・ジャパンで開幕した「ダイヤモンドカップゴルフ」で今季初戦を迎えた。トップスタートから2番目の組でアウトから出ると、序盤はパーが並んだが、左手前から3メートルを決めた8番から2連続バーディで折り返し。後半は14番で2.5メートルのチャンスを確実に活かし、16番では5メートルのパーパットねじ込んでノーボギーラウンド。3アンダーの13位タイ発進を決めた。

<< 下に続く >>

極度の不振に陥った原因は、ドライバーショットの“イップス”。「ティショットに悩んで、ゴルフに悩んだ」。2008年頃からその症状が出始め、思うようなスイングができない。今も、それを完全に払拭したわけではない中、今大会はなんとかマンデートーナメントを勝ち抜いて出場権を獲得した。

シード権を長らく保持してきた選手にとって、このオフ、そして今シーズンは節目の時間。もちろん望まない方の、だ。しかし高橋は「ゴルフに対する距離感が変わってきた」と現状を前向きにとらえているという。

「ゴルフは、やらないと上手くなる」。こちらは思わず笑い声をあげてしまったが、当人は真顔だった。これまでは「次こそは、次こそはと追いかけていて、パニックの状態が続いていた。去年までは、やらされていた。学校に行きたくない子供と同じようなもの」。結果を求めるあまり、楽しいはずのゴルフがそうでなくなった。「でも今は、自分でゴルフをやっている。今は楽しい。義務感が無くて」。

表舞台であるレギュラーツアーに出場するチャンスは減ったが、下部のチャレンジツアーやチャリティコンペ、そして若手選手とともにマンデートーナメントにも参戦。ラウンドの機会自体の数はさほど変わらない。「今まではシードに、しがみつこうとしていた。でも、(喪失したことを)皆が『大変だ』と言うけれど、そうでもない。マンデーも、チャレンジも、ゴルフであることは同じ」。そして自信を持って言う。「技術的には、今のほうが高いと思う。怖い経験、悪い経験をたくさんしてきたから」。

前週の「とおとうみ浜松オープン」では、2日目にコース上を強風が吹き荒れ、軒並み選手たちがスコアを落とした。だが、インターネットで速報を見ていた高橋の目に映ったのは、悪いコンディションの中を耐えしのぐベテラン選手たちのスコア。「シニアの選手が頑張っていた。経験だよね」。

今大会に続き、次週の「日本ゴルフツアー選手権 Citibank Cup Shishido Hills」には主催者推薦で出場する。もちろん6年ぶりの大会制覇がかかるが「この2週間は、今までと違った気持ちでやれたらいいと思う」と、どこか遠い目をして話した。(千葉県木更津市/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

桂川洋一(かつらがわよういち) プロフィール

1980年生まれ。生まれは岐阜。育ちは兵庫、東京、千葉。2011年にスポーツ新聞社を経てGDO入社。ふくらはぎが太いのは自慢でもなんでもないコンプレックス。出張の毎日ながら旅行用の歯磨き粉を最後まで使った試しがない。ツイッター: @yktrgw

関連リンク

2012年 ダイヤモンドカップゴルフ




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!