ニュース

国内男子ANAオープンゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

小ぶりのヘッドで飛距離アップ!単独首位の伊藤誠道

「ANAオープン」2日目を終えて単独首位に立つのは、高校1年生の伊藤誠道。アマチュアが36ホールをノーボギーでラウンドしたのも、トップで決勝ラウンドを迎えるのも、2007年以降では初めてという偉業だ。

昨年の日本ジュニア(12歳~14歳の部)で優勝するなど、ここまで順調な競技人生を歩んでいるが、今年は少し風向きが違った。2011年に入って2度出場したレギュラーツアーではことごとく予選落ち。ジュニアの試合でも優勝に手が届かなくなってしまった。

「去年、(三井住友VISA)太平洋で10位タイに入って、最初はそれ以上を求めてつまずいて、焦りもありました。でもプロゴルファーになるってことを考えたら、ツアーにきて、色んな選手と回って、得たものを試合で出そうって考えるようになって。今、ツアーは勉強の場だと思っています」と謙虚に語る。

今週火曜日の午前には貞方章男らと練習ラウンドを共にし、洋芝のアプローチを教えてもらい、午後は08年チャンピオンの矢野東に「コースの攻め方を聞いた」と存分に吸収。すぐにそれを実践している。

また、8月の日本ジュニアからドライバーヘッドを小ぶりなものに変えたのも、奏功している。「最初はヘッドが早く戻って来ちゃってダメだったけど、練習して、調整して・・・」。395ccから、今はこれまでで一番小さいという365ccのヘッドを使っているが、「ヘッドスピードが上がって、安定性も飛距離も増した」と、2日間でのフェアウェイキープ率は全選手中でも堂々の4位につけている。(飛距離は平均270.75ヤード)

先輩の背中を追って、残り36ホールに挑む伊藤。この日、予選で姿を消してしまった石川遼からは、「アマチュアということを気にせず、主役になってほしい」とエールを送られた。あと2日、「成績よりも楽しんでやっていきたい」という伊藤の挑戦が続く。(北海道北広島市/今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

今岡涼太(いまおかりょうた) プロフィール

1973年生まれ、射手座、O型。スポーツポータルサイトを運営していたIT会社勤務時代の05年からゴルフ取材を開始。06年6月にGDOへ転職。以来、国内男女、海外ツアーなどを広く取材。アマチュア視点を忘れないよう自身のプレーはほどほどに。目標は最年長エイジシュート。。ツイッター: @rimaoka

関連リンク

2011年 ANAオープンゴルフトーナメント




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。