ニュース

欧州男子ISPS HANDA ヴィックオープンの最新ゴルフニュースをお届け

大量のハエに練習場の列…南半球の男女同時開催で選手の苦労は?

2019/02/07 08:22

◇欧州男子◇ISPS HANDA ヴィックオープン 事前◇13th ビーチGC(オーストラリア)◇ビーチコース(6796yd/パー72)/クリークコース(6940yd/パー72)

■ 今週の大敵

コースには大量のハエがいる。アドレスに入った選手が顔の前を手で払い、仕切り直す場面は多い。見守る関係者も立ち止まっていると、5~6匹のハエが顔に近づいてくるのだ。「あ~もう嫌だよ…」。みんなが口をそろえるが、ハエは容赦ない。

コース内に別荘を構える60歳代の男性は「近くに牛がたくさんいるから、このコースはハエが昔から多いのよ」と説明する。そもそもオーストラリアは降水量が少なく乾燥しており、ハエが大量発生する。水分を求め、汗をかく人に寄ってくるといい、顔にたかるハエを手で払う仕草は「Aussie salute=オーストラリアのしきたり」と呼ばれるほどだ。スーパーマーケットに駆け込み、ハエ除けのスプレーを探す選手たちもいる。

■ 長蛇の列

今週は欧州ツアーの男子選手と、米ツアーの女子選手が同会場で試合を行う。計300人以上の出場選手がいるため、ドライビングレンジには順番待ちの列ができる。自分の練習を始めるまで、2人以上が終えるのを40分ほど待つこともある。開幕2日前は、昼前がピーク。夕方になり空きが出始めた。ある海外選手は「自分の番になっても、後ろに気を使うよね」と苦笑いした。

練習ラウンドの予約を確保できない選手もいた。5日(火)にコースに初めて来た横峯さくらは当初、同日の予約を取れなかった。夕方になり空きが出たようで、急きょラウンドに入った。川村昌弘も、5日に予約を取れていなかった。ラウンド中だった知り合いの海外選手に遭遇し、そのまま合流したことで、なんとか練習ラウンドにこぎつけた。(オーストラリア・バーウォンヘッズ/林洋平)

おすすめ記事通知を受け取る

林洋平(はやしようへい) プロフィール

1991年、横浜市生まれ、A型。大学卒業後の2015年にGDO入社。チーム内では最年少。トーナメント取材に行くが、自身のプレーは勉強中。当面の目標はドライバーをスライスさせないこと。大のビール党で、出張先の名物で晩酌するのが、ささやかな楽しみ。

関連リンク

2019年 ISPS HANDA ヴィックオープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
全米プロゴルフ選手権
タイガー・ウッズのメジャー2連勝、松山英樹のメジャー初制覇なるか。2019年「全米プロゴルフ選手権」特集

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。