ニュース

国内、アメリカ、ヨーロッパの最新ゴルフニュースが満載!

関西インスタ女子とジャックバニー ノリと情熱で進む道

日曜夜に、京都駅前で2人の関西女子と待ち合わせた。「トッコは、本当の私とはちょっと違う人なんです」と微笑むSさんは、トッコという名前でインスタグラムのフォロワー数7600人(2020年9月)を抱える女子ゴルファー。「アラフィフなので、普段は短いスカートをはいたりできません」というものの、過去にはアメブロ(Amebaブログ)のファッションランキングで1、2位を争ったこともあり、そのセンスには自信がある。

「承認欲求のかたまり」を自認するだけあって、「ちょっとフォロワーが増え始めたら、調子に乗った(笑)」と、3年半前にゴルフとインスタを始めて以降どっぷりハマり「常にゴルフウェアにときめいている」ので、普段着はZARAやUNIQLOといったファストファッション。いまや買う洋服の9割がゴルフウェアになった。身長156cmという成人女性の標準体型での着こなしは貴重な情報源となっていて、フォロワーから服のサイズを聞かれることも少なくない。そんなときは、自尊心をくすぐられてまんざらでもない。

<< 下に続く >>

アチャさんは、平日ゴルフに行きたくて派遣社員として働いている。インスタ投稿はスイングやラウンド記録が中心だが、それでも2500人ほどのフォロワーを集めている。ゴルフを覚えた当初は「“おっちゃん”と淡々と回るゴルフ」。それが、インスタを始めて、インスタつながりの人たちとラウンドするようになって世界が変わった。「ゴルフクラブをまたいで写真を撮るとか(笑)。わたしはめっちゃ人見知りだけど、ゴルフの話があるだけで普通に回れる。友達も増えるし、それが楽しい」と熱中した。

以前からジャックバニー好きだったというアチャさんは、同ブランドが5月に公式アカウントで実施した「ポロシャツキャンペーン」にデザインを応募した。コロナ禍に突入してSTAY HOMEが叫ばれる中、「それが終わったら、何をしたいか考えた」と、「STAY GREEN」のロゴをデザイン。それが見事チャリティ企画に採用されて、商品化が決定した。話はそこから急展開を見せていく――。

接点は店舗からSNSへ

その前に背景を少しだけ。ジャックバニーは今年から、SNS利用を本格化した。スピード感、コスト、双方向性、拡散力…そのメリットは周知の通りだが、同ブランドでは、いまやフォロワーたちの間で“アイドル的存在”となった梅林美希ディレクターを前面に立てて、その力をフル活用。フォロワー数は今年だけで1万2000人増えて、9月時点で2万6000人までふくらんだ。

トッコさんは「初めてインスタライブを見たときにコメントを入れたら、梅ちゃんが『トッコさんのコーデが大好きで、いつも見ています。他の人も見て真似した方がいいですよ!』くらい言ってくれた。それで火がつきました」と、ファーストコンタクトで心を奪われた。「もともと好んで着ていたのはパーリーゲイツ。でも、パーリーはどれだけ買って、どれだけ着ても、SNSで絡んではもらえない。ジャックバニーはリアクションがあった。SNSをやっている人は、そういう反応が欲しいんです」。かつては店舗が顧客との接点になっていたが、いまやその主役はSNSにシフトしている。

非公認に絡む公式

さて、アチャさんの「STAY GREEN」が採用されると、関西人のノリの良さが発動された。「すごくタイミングを大切にしている」というアチャさんが「STAY GREENコンペをやろう!」と持ち掛けると、トッコさんは「他の人たちに負けないスピード感を持ってやらないといけない」と、まずは8月に女子会を実施した。集まった12人全員が「STAY GREEN」を着た写真はよく“映えた”。勢いに乗って9月には、コロナ禍で延期されていた「関西JACK」と銘打ったコンペを開催。ノリと情熱に引き寄せられるように約40人が集まった。

そこに、本家ジャックバニーがリアルで絡んできたから大変だ。コンペ当日、ゴルフ場に梅林さんがサプライズ登場し、公式アカウントでライブ配信が行われた。ジャックバニー好きが勝手に集まった非公認イベントに、公式が絡んできてテンションはダダ上がり。その後も、インスタライブで当日のベストドレッサー賞を発表(9月25日午後6時~)したり、「勝手にコンペしやがれ!キャンペーン」として誰もが参加できる企画に進化させたりと、SNSを通じて既存ファン、そして新たなファンとの交流が続いている。

共鳴する思い

「ジャックバニーだけじゃなく、ゴルフ界全体を盛り上げたい。そのために何ができるか考えて実行している」と使命感に燃える梅林さん。トッコさんは「特定の人物の名前を出して気にかけてくれる梅ちゃんのためにも、関西から盛り上げたかった」と振り返る。アチャさんは「私たちの“楽しみたい”と、ジャックバニーの“楽しませたい”が共鳴して、今回の“大きな楽しみ”につながった」と表現した。

ゴルフの楽しみ方はひとつじゃない。最初はちょっぴり苦手意識を感じていたインスタ女子やジャックバニーのド派手なウェアも、取材を終えるころには不思議と親近感が湧いていた。自分もジャックを着てみようかな…。そう思わされるだけの熱量を、どうやら取材した人たちから浴びたようだ。(編集部・今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

今岡涼太(いまおかりょうた) プロフィール

1973年生まれ、射手座、O型。スポーツポータルサイトを運営していたIT会社勤務時代の05年からゴルフ取材を開始。06年6月にGDOへ転職。以来、国内男女、海外ツアーなどを広く取材。アマチュア視点を忘れないよう自身のプレーはほどほどに。目標は最年長エイジシュート。。ツイッター: @rimaoka

関連リンク




今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!