ニュース

欧州男子の最新ゴルフニュースをお届け

旅は腰痛とともに…宮里優作は満身創痍で欧州ツアー連戦中

2018/07/11 08:30

一緒に練習ラウンドを行う谷原秀人(左)と宮里優作

◇欧州男子◇アバディーンスタンダードインベストメント スコットランドオープン 事前情報(10日)◇ガレインGC(スコットランド)◇7133yd(パー70)

アイルランドで行われた前週の欧州ツアーは14位タイ。3日目にホールインワンを記録するなど、上げ潮ムードかと思いきや、宮里優作は苦労を強いられている。厳しい腰痛で思うようなショットが打てず、今週も「まずは出られるのかどうか…」とこぼす状態だ。

棄権した5月の「BMW PGA選手権」以降、痛みは慢性的なものになっている。日々、まずは18ホールを完走することが一仕事。10日(火)の練習ラウンドは松山英樹谷原秀人シュバンカー・シャルマ(インド)と一緒に回ったが、宮里はひとりコースを歩くだけで、グリーン周辺からウェッジとパターだけを振った。あす11日(水)についても「ぎりぎりまで調整です」と悩ましげだった。

欧州ツアーは高額賞金大会が並ぶ「ロレックスシリーズ」が進行中。宮里は今週が4連戦目となり、次週「全英オープン」(スコットランド・カーヌスティ)、翌週の「ポルシェ ヨーロピアンオープン」(ドイツ・グレンイーグルGC)まで、6連戦に臨むつもりでいる。故障が癒えるまで休む手もあるが、限られた試合数で来季のシードを得るためにはそうはいかない。

「腰が“切れない”からフェードが打てなくて」と持ち球とは違う、低いドローボールを多用して対応中。「ドライバーのときのスタンスなんか、“このくらい”だよ(笑)」と、示した両足の間隔は30cmもない。「この1カ月、もっと体が良かったらなあ…という試合が続いている。良いコース、良い試合が続いているし、出ないのも余計悔しくなっちゃう」

今週のコースについては「ここ3、4戦の中では一番、広いかなと。ドライバーは打ちやすい。ただ、ターゲットが絞りにくくなるので、そこだけ気を付ければという感じ」という。異国での経験も着実に重ねているところ。少しでも良い状態で1番ティに立ちたい。(スコットランド・ガレイン/桂川洋一)


特集

世界一の称号を争う「全英オープン2018」7月19日いよいよ開幕
松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
松山英樹や石川遼の活躍で注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのスマートフォンへお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~