ニュース

欧州男子メイバンク選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2018年 メイバンク選手権
期間:02/01〜02/04 サウジャナG&CC(マレーシア)

元世界1位とのバーディ合戦 谷原秀人は好位置で週末へ

2018/02/02 21:26


◇欧州&アジアン◇メイバンク選手権 2日目(2日)◇サウジャナG&CC(マレーシア)◇7186yd(パー72)

谷原秀人は主戦場の欧州ツアーで2試合ぶりに決勝ラウンドに進んだ。1アンダーの71位から10バーディ、2ボギーの「64」をマーク。通算9アンダーとして7位タイに急浮上。週末へ絶好のポジションを確保した。

出だし10番で第2打が木々に阻まれ、ボギーを先行させた谷原はバーディラッシュで挽回した。13番(パー5)のバーディから、14番では8mを沈め、15番は4mのチャンスをものにして3連続。前日との違いは「よく分かんないんですよね」と淡々としたが、あえて挙げるなら「パットがカップに届いたから」。新しいピン型パターを実戦投入して2ラウンド目。「打たないと届かないのは分かっているから。それでも、“あ!”っていうくらい打たないと。気持ち悪いですけどね」とボールの転がりが不規則なグリーンを強気に攻めた。

中東での直近2試合は68位、予選落ちと振るわなかったが、ショットの状態に悲観的ではなかったという。その中で「なかなかバーディを取れずに苦しんでいる」としていた、パー5でのプレーはこの日は“満点”。4ホールすべてをバーディとし、そつなくスコアを伸ばした。

同じ組でプレーしたリー・ウェストウッド(イングランド)はこの日、11バーディ、1ボギーの「62」をたたき出し、谷原は「彼に付き合うように良いプレーができた」という。「ホントにナイスガイだし。うまい。ショットが曲がらないし、全部ピンを刺していく」。元世界ランキング1位の44歳のスキルも肌で感じられるのは、日常的にこのツアーに身を置いているからこそだ。

「日本人がいいじゃないですか」。池田勇太が3位、片岡大育は7位とリーダーボードを見て言った。「あしたからも伸ばさないと。グリーンも止まるし、(通算)20アンダーくらいはいくかもしれない」。5人の日本勢の最年長プレーヤーも、もちろんビッグスコアを求めていく。(マレーシア・シャーアラム/桂川洋一)

関連リンク

2018年 メイバンク選手権




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
松山英樹や石川遼の活躍で注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのスマートフォンへお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~