ニュース

欧州男子メイバンク選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2018年 メイバンク選手権
期間:02/01〜02/04 サウジャナG&CC(マレーシア)

首負傷でプロアマ欠場 片岡大育が痛みに負けず好発進

2018/02/01 22:07


◇欧州&アジアン◇メイバンク選手権 初日(1日)◇サウジャナG&CC(マレーシア)◇7186yd(パー72)

欧州とアジアンツアーの共催競技で、片岡大育が5人の日本勢の最上位でスタートした。雷雲接近による1時間50分の中断を挟んだ第1ラウンドで、5バーディ、1ボギーの「68」をマーク。暫定10位で2日目を迎える。

午後1時にティオフ時刻を迎えるまで、片岡は悩みに悩んでいた。今週の初めに首痛を発症。28日(日)、ミャンマーからマレーシアに入ったその夜にトレーニングを頑張ったことが裏目に出たのか、開幕前日のプロアマ戦もキャンセルしていた。この日の朝も「出るか、やめようか、ギリギリのラインで考えて…とりあえず行ってみようと思って」と考えを巡らせ、途中棄権も頭に入れてスタートした。

痛みを抱えながら「試合になったら意外と普段と変わらないくらい距離も出ていた」という。手負いの状態で臨んだラウンドは前半インで1バーディ、1ボギー。後半1番(パー5)をバーディとすると、悪天候で中断を強いられた。思わぬ休憩を経て再開した難関の2番、残り208ydの2打目をUTでピンそば2mにつけてバーディを奪取。「それで流れに乗れましたね」と、さらに2つスコアを伸ばした。

日没サスペンデッドとなる3分前、午後7時27分にホールアウト。「ジャストで終われました。一番良かったかもしれない。(中断後は)涼しくなったし」。苦労が報われた。

昨年9月に「アジアパシフィック選手権ダイヤモンドカップ」で勝ったことで、日本とアジアンツアーのシードを獲得。今季は欧州ツアーにも足を延ばすつもりで日々、飛距離アップに懸命だ。前週までの2試合連続落ちもそのプロセスとしてとらえており、今大会は青山充コーチをキャディに据えて、スイングチェックを受けている。

好位置でのスタートだが、意気込みはまだ控えめ。「首の状態もまだ分からない。これからケアをしないと。でも(プレー)できる喜びを感じています。まずは予選を通過して、静かに行きたいです」と地に足のついた言葉で結んだ。(マレーシア・シャーアラム/桂川洋一)

関連リンク

2018年 メイバンク選手権




特集

2018フェデックスカッププレーオフ 1000万ドルは誰の手に!?
1000万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹と小平智の現在地も!
松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
松山英樹や石川遼の活躍で注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのスマートフォンへお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~