ニュース

欧州男子DPワールド ツアー選手権 ドバイの最新ゴルフニュースをお届け

2021年 DPワールド ツアー選手権 ドバイ
期間:11/18〜11/21 場所:ジュメイラゴルフエステーツ(UAE)

モリカワに続きマキロイも 幸運の17番は誰に微笑む?

◇欧州男子◇DPワールド ツアー選手権 ドバイ 3日目(20日)◇ジュメイラゴルフエステーツ・アースC(UAE)◇7675yd(パー72)

大会2勝のロリー・マキロイ(北アイルランド)と、レース・トゥ・ドバイランキング1位のコリン・モリカワが同組で回った大会3日目。浮島グリーンの17番(パー3)でドラマは起こった。

<< 下に続く >>

左奥に切られたピンに対し、マキロイのティショットはやや短く、一度はグリーンをキャッチしたものの左手前の池の方へと跳ねて行った。だが、池の縁の岩に当たって跳ね返り、垂直にそそり立つ芝に寄り添うようにして、岩の上でピタリと止まった。

マキロイと、キャディのハリー・ダイアモンド氏はそのライを見たときに、昨年のTPCボストンの2番ホールで、池の縁から打ったものの土手に跳ね返されて池に消えた出来事を思い出したという。キャディは「戻って(ドロップゾーンから打って)も4を取れる」とそこから打たないように懇願したが、マキロイは「強く上から打ち込めば、跳ねて奥のバンカーまで運べる」と打つことを決意。そのリカバリーショットはグリーンの反対側のバンカーのわずか手前にとどまった。

3打目のアプローチはもう少しでチップインかというショットで、ボギーの「4」。マキロイは「勢いを保つ重要な4だった。おかけで18番では良いショットを2打続けて、バーディを獲ることができた」とにっこり微笑んだ。

ちなみに、前日は同じホールでモリカワのティショットがペナルティエリアを示す黄杭に当たって跳ね返り、池ポチャを回避してパーセーブにつなげている。17番を終えたマキロイは「僕と君、どちらがよりラッキーだと思う」と同組のモリカワに目配せした。

単独首位で優勝へ突き進むマキロイと、5位ながらもレース・トゥ・ドバイ制覇目前のモリカワ。どちらも十分、幸運の女神のお眼鏡にはかなっているようだ。(アラブ首長国連邦ドバイ/今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2021年 DPワールド ツアー選手権 ドバイ




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!