ニュース

欧州男子サウジインターナショナルの最新ゴルフニュースをお届け

2019年 サウジインターナショナル
期間:01/31〜02/03 ロイヤル グリーンズG&CC(サウジアラビア)

「常にバトルを繰り広げてきた」 世界ナンバーワンを巡る戦い

2019/01/31 08:13

選手たちにとって、今週木曜にロイヤルグリーンズG&CCで幕を開ける第1回「サウジインターナショナル」に出場すべき理由は山ほどある。

世界ナンバーワンを巡る攻防もそのひとつだ。世界ランク1位のジャスティン・ローズ(イングランド)は、仮に自身がこの大会で36位以内に入ることができず、世界ランク2位でヨーロピアンツアー4勝のブルックス・ケプカ(米国)が優勝することで、頂点の座を明け渡すことになるのだが、ローズ自身はこの挑戦を享受している。

「それは僕がこの大会に惹き付けられた大きな理由のひとつなんだ。大会側がブルックスとDJ(ダスティン・ジョンソン)が大会に出場すると発表したのは、確か僕が世界3位の頃だった」とローズ。「いつだって、世界最高の選手とやりあう機会というのは、刺激が増すものだし、僕にとって彼らに勝つのは今週の大きな目標なんだ」。

同ランク3位のダスティン・ジョンソンの出場により、メジャーまたは世界ゴルフ選手権以外のヨーロピアンツアーにおいて、世界ランクのトップ3が勢揃いするのは、当時世界のトップ3だったルーク・ドナルド(イングランド)、ロリー・マキロイ(北アイルランド)、そしてリー・ウェストウッド(イングランド)が揃って出場した2012年の「BMW PGA選手権」以来のこととなった。

2016年の「全米オープン」王者で34歳のジョンソンは、今週こそ優勝しても世界ナンバーワンに返り咲くことはできないものの、近い将来に頂点の座を取り戻すことを虎視眈々と狙っている。

「(世界のトップ3が揃うことは)間違いなくゴルフにとって良いこと」とジョンソン。「常にバトルを繰り広げてきたと思う。素晴らしい選手は大勢いるし、世界のトップ15の顔ぶれは特にそうだね。ナンバーワンに居続けたいのであれば、毎週自分のベストのゴルフを披露しなければならないんだ」。

「間違いなく良い年になると思う。トップの座を懸け、ロージー(ローズの愛称)に挑戦するのは、はっきりしている」。

UAEで行われた前週の「オメガドバイデザートクラシック」では、ブライソン・デシャンボー(世界ランク5位)が米国外で初の勝利を手にしたわけだが、今週、彼がロイヤルグリーンズG&CCで優勝し、米ツアーでジャスティン・トーマスが優勝しなければ、デシャンボーは同3位にランクアップすることになる。

関連リンク

2019年 サウジインターナショナル




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
2018年にGDOニュースにて最も読まれた記事をランキングしました!
松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
松山英樹や石川遼の活躍で注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのスマートフォンへお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~