ニュース

欧州男子HNAフランスオープンの最新ゴルフニュースをお届け

2018年 HNAフランスオープン
期間:06/28〜07/01 ル・ゴルフ・ナショナル(フランス)

ノレンがフランスでロレックスシリーズ2勝目を飾る

ル・ゴルフ・ナショナルの上がり3ホールで2バーディを奪ったアレックス・ノレンが「HNAフランスオープン」を制覇し、劇的な最終ラウンドの末に「ロレックスシリーズ」2勝目を挙げた。

首位と7打差で最終日をスタートしたスウェーデンのノレンは、「35」でハーフターンした時点でも優勝からは遠いかに見えた。

ノレンは12番、16番、そして17番でバーディを奪い、「67」をマークしてクラブハウスターゲットを定めるも、この時点でもコース上で首位を走るジュリアン・スリの後方にいた。

しかし、米国のスリが第2打を池に入れた18番でダブルボギーを叩き、イングランドのクリス・ウッドが15番と17番でボギーを叩いたことで、ノレンはパリで勝者となった。

スリとウッドは首位と1打差で大会を終了。この日「65」をマークしたスコットランドのラッセル・ノックスも2位タイで大会を後にした。この結果により、ノックス、スリ、そしてスウェーデンのマーカス・キンハルトが今月開催の「全英オープン」の出場権を手にした。

2打差の首位で最終日をスタートしたキンハルトだったが、この日は「76」と崩れ、世界5位のジョン・ラーム、そしてイングランドのマシュー・サウスゲートと並ぶ通算5アンダーの5位タイで大会を終えた。

首位と3打差の8位タイには世界2位のジャスティン・トーマス、スウェーデンのアレクサンダー・ビョーク、そしてホルヘ・カンピージョセルヒオ・ガルシアのスペイン人コンビが入った。

ノレンの直近の優勝は、「ロレックスシリーズ」初開催となった2017年「BMW PGA選手権」でのものであり、このときもウェントワースクラブでの日曜に見事「62」をマークし、大逆転でトロフィーを手にしている。

「コースでプレーしている以上、本当にこの勝利が欲しいと思っていたけれど、今日優勝できたのは信じられない感じだね」とノレン。「僕はこのために練習を積んでいる。ただ、今日はもしかしたらプレーオフには残れるかもしれないと思っていたけど、この結末は非現実的で予想していなかった」。

これでノレンはヨーロピアンツアーでの勝利数を10に伸ばすと共に、ここ4年間での7勝目を挙げ、連続勝利シーズンを4季に伸ばした。

また、この勝利は隔年開催の「ライダーカップ」初出場を目指すノレンにとって、今年9月の同大会の開催コースがル・ゴルフ・ナショナルであるだけに、欧州代表としてのプレーへ向けこの上ない準備となった。

「もし僕がチームに選ばれれば、多くを意味することになる」とノレン。「ここには良い思い出がある。始めの2年は、ここで勝つことはないだろうと思われるものだったけれど、過去3年は良い成績を残すことができた。それが大いに役立ったね」。

スリは素晴らしいティショットを放った2番でタップインバーディを奪うと、パー5の3番でもバーディを奪い、続く4番をボギーとした。

ウッドはティショットを深いラフに入れた3番でラフからの脱出に失敗するトラブルに見舞われ、チップショットのミスもあってこのホールをダブルボギーとした。

一方、同ホールで1.8メートルのバーディパットを沈めたキンハルトはリードを4打差に広げるも、ティショットをラフに入れ、3打目をカートパスに打ち込んだ続く4番でトリプルボギーを叩いて後続に付け入る隙を見せた。

キンハルトはこの後、8連続パーとしたのに対し、パー5の9番で残り251ヤードの第2打をピンそば1メートルにつけてイーグルを奪い、続く10番では1.2メートルのバーディパットを決めたスリが首位に並ぶ展開となった。

一方、ノレンはティショットをタップイン圏内につけた2番でバーディを奪うと、4番でボギーを叩くも、ピンそば3メートル以内につけた5番と12番でバーディを奪ったが、それでもこの時点で首位との差は3ストローク開いていた。

9番で2オンに成功したウッドは、10番でも2.4メートルのバーディパットを決めて首位に並ぶ。対するスリは14番で単独首位に抜け出すも、続く15番でボギーを叩いて後退する。

ノレンは16番で1.5メートルのバーディパットを沈めると、続く17番では長いバーディパットを決め、クラブハウスリーダーとしてプレーを終えた。

その後、スリのダブルボギーにより、勝負はウッドとノレンの一騎打ちとなるも、ウッドがグリーンを外した15番と17番でパーセーブに失敗したことで、タイトルはノレンの手に渡った。

ノックスは5番、8番、9番、10番、11番、そして14番でバーディを奪い、ノーボギーのラウンドで「65」をマーク。

キンハルトは13番でボギーを叩くと、15番ではダブルボギーを叩いて後退。一方、サウスゲートは17番こそボギーとするも、1番、3番、4番、8番、9番、14番、そして16番でバーディを奪う猛チャージでリーダーボードを駆け上がった。

ラームは首位タイで迎えた12番でトリプルボギーを叩くと、16番のバーディで望みをつなぐも、18番で池に捕まって万事休すとなった。

ガルシアは池に2回入れた1番でのトリプルボギーから見事な立て直しを見せるも、最終ホールで再び池に捕まってダブルボギーを叩き、この日のスコアを「74」とした。

カンピージョは6バーディ、1ボギーの「66」をマークし、ビョークは「70」、そしてトーマスは「71」をマークして大会を終えた。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2018年 HNAフランスオープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。