ニュース

欧州男子BMW PGA選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2018年 BMW PGA選手権
期間:05/24〜05/27 ウェントワースC(イングランド)

大舞台に胸を躍らせるフリートウッド プロアマ戦はグアルディオラと同組

トミー・フリートウッド(イングランド)は大舞台でのプレーに何が必要であるか理解しているが、今週の「BMW PGA選手権」(ウェントワースC)でティアップする際はナーバスになると認めた。

賞金総額700万ドルをかけてイングランドで行われる「ロレックスシリーズ」初戦。昨季「レース・トゥ・ドバイ」制覇を成し遂げたフリートウッドは大会の重要性を熟知している。

今季は既に「アブダビHSBC選手権」を制したことで、2018年シーズンのヨーロピアンツアー優勝者の一人としてサリー州へ乗り込む彼は、「ロレックスシリーズ」が始まることで、全て別次元の戦いになると認めた。

「昨年の(ロレックスシリーズ)大会王者たちを振り返ってみると、皆良い選手たちだね。誰もがビッグイベントでの優勝を狙えるトッププレーヤーだし、この大会にはそういう雰囲気があるんだ。日曜の終盤に『ロレックスシリーズ』の大会で優勝争いに絡んでいるのであれば、とてつもなく大きな勝利となるから、その準備ができてなければならないんだ」

今週、会場のウェントワースCでプレーするフリートウッドがそういう類いのプレッシャーを処理できることに疑いの余地はないが、常にそういうわけにはいかないと明かした。

「経験を積めば積むほど、対応できる準備は整うわけだけど、僕の場合、以前はコースにボールを留めることができないと感じるほど緊張したこともあった。だから今では、そこまでの状態にならなければ、どんな状態であれ、問題は感じなくなった」

「コースは大好きで心地良いし、自分に合っていると思う。イングランド人や英国人として、地元ギャラリーの前でプレーするのも好きなんだ。どんな週であっても、どのようなプレーができるのか分からないけれど、大会では良いプレーができると常に感じてきたんだ」

ウェントワースCでのプロアマ戦は、常にビッグスターたちを引っ張り出してきたが、この水曜も例外ではない。フリートウッドは、サッカーのプレミアリーグ優勝監督でもあるマンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラと同組となった。

「正直、彼はまわりを活気づかせる人なんだ。彼は自分の手で成功を収めた人だし、僕は彼と仲が良い。僕らは連絡を取り合っているし、彼はゴルフだって上手いから、明日は上位に顔を出すはずさ。自分のスポーツで成功を収めた人たちと一緒にいると、常に自分の力となるんだ」

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2018年 BMW PGA選手権




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
2019年 最も読まれたトピックス記事ランキング
2019年にお伝えしたさまざまなニュースの中から、もっとも読まれた記事を厳選。 歴史的快挙が続いた1年間をランキング形式で振り返ります。1位に輝いたニュースは…?

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。