ニュース

欧州男子BMW南アフリカオープンの最新ゴルフニュースをお届け

2017年 BMW南アフリカオープン
期間:01/12〜01/15 グレンダワーGC(南アフリカ)

猛チャージのストームが南アフリカで暫定首位に浮上

「BMW南アフリカオープン」は、2日目にコースレコードタイの「63」をマークしたグレーム・ストームが2打差の首位に浮上する展開となった。

2日目のグレンダワーGCをノーボギーで回ったイングランドのストームは、通算12アンダーとし、トレバー・フィッシャーJrジェイビー・クルーガーの南アフリカ人コンビ、そして米国のピーター・ユーラインに2打差をつけた。

金曜は雷警報のため、16時50分にプレーがサスペンデッドとなり、45人の選手がラウンドを途中で切り上げた。この中には通算6アンダーにつけるマーク・フォスターとロマン・ランガスキューがおり、2人はそれぞれ15番と14番ホールを終えたところでコースを後にした。結局、この日選手たちはコースに戻れず、第2ラウンドのプレーは土曜の7時15分に再開されることとなった。

この日は、8番から8ホール連続1パットでスコアを8つ伸ばすなど、バックナインで目覚ましいプレーを見せたロリー・マキロイがニュースヘッドラインを独占するかに見えた。しかし、上がり2ホールで連続ボギーを叩き、終盤で失速した世界ランク2位のマキロイは、通算9アンダーとし、5位タイで週末を迎えることとなった。

昨季終盤、ストームはわずか100ユーロの差でシード権を逃すところだったが、パトリック・リードがファイナルシリーズに出場せず、出場試合数が規定に達しなかったため、ストームは繰り上がりでシード権を手にした。今季は「アルフレッド・ダンヒル選手権」で4位に入る好スタートを切ったストームは、2013年の「ヨハネスブルグオープン」でキャリア最高の「62」をマークした地である南アフリカで、その好調を維持している。

ストームは10番からの出だし3ホールで連続バーディを奪うロケットスタートを切ると、18番でもバーディを奪って首位に並んだ。勢いの止まらないストームは、5番で2打目をピン側1.8メートルにつけてバーディを奪うと、続く6番では6メートルのバーディパットをねじ込み、8番でもバーディを奪って後続を突き放した。

「こんなスコアが出せたのは、もちろん素晴らしいことさ」とストーム。「最終ホールのパットは重要だったね。長めのパットだったけれど、入れれば自己ベストに並ぶパットだったんだ。全体的にパットが絶好調だったね。昨日も今日も絶好調だった。ただ、昨日は今日ほど決まらなかったけれどね」。

「パー5で、あといくつかバーディが取れていてもおかしくなかった。今日はパー5で1つしかバーディが奪えなかったからね。ただ、パー5で1つしかバーディが奪えずにこのコースで『63』を出したのだから、僕はとても良いプレーをしているということだよ」。

「今週はロリーが勝つんじゃないかと僕は思っているんだ。というのも、彼ははるか遠くへ飛ばすし、真っ直ぐ打っているからね。彼の背後について行ければ僕はハッピーなんだ」。

序盤にボギーとダブルボギーを叩いたマキロイは、出だし4ホールを終えた時点で首位と9打差に後退するも、8番のイーグルを皮切りに無双のアイアンプレーが炸裂。また、パットも好調で、残念な締めくくりとなった終盤の2ホール以外を1パットで上がった。前半を「30」としたユーラインは、3連続バーディでこの日を締めくくり、1ボギーの「64」をマーク。一方、クルーガーは終盤の8番でイーグルを奪い、この日のスコアを「67」とした。

首位タイで2日目を迎えたフィッシャーJrは、5バーディ、1ボギーの「68」で2日目をラウンド。2日目を「65」で回り、通算8アンダーのヤコ・バンザイルは17番で今季ツアー2つ目のホールインワンを達成した。地元南アフリカ人気のバンザイルは、223ヤードを4番アイアンのひと振りでホールアウトし、BMW i8をゲットした。

関連リンク

2017年 BMW南アフリカオープン




特集

最も読まれたトピックス記事ランキング
2018年上半期にGDOニュースにて最も読まれたトピックス記事をランキングしました
松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
松山英樹や石川遼の活躍で注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのスマートフォンへお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~