ニュース

欧州男子ボルボ中国オープンの最新ゴルフニュースをお届け

2015年 ボルボ中国オープン
期間:04/23〜04/26 トムソン上海浦東GC(中国)

上海で好調なスタートを喜ぶハウエル

イングランドのデービッド・ハウエルが「ボルボ中国オープン」初日を終えて首位タイにつけ、今季序盤からの好調を維持していることに喜びを見せた。

今季はヨハネスブルグで2位に入り、先週の「深センインターナショナル」では4位に入ったかつての「ライダーカップ」出場選手であるハウエルは、トムソン上海浦東GCでの初日を4アンダーの「68」でラウンドし、ウェールズのブラッドリー・ドレッジとニュージーランドのマイケル・ヘンドリーとリーダーボードの頂上で並んだ。

ドレッジとヘンドリーが午前中にノーボギーのゴルフを完遂した中、39歳のハウエルは少し風の出てきた午後のラウンドとなり、出だしでバーディを奪うも、ショートホールの3番でボギーを叩き、振り出しへと戻される展開となった。

それでも9番でバーディを奪って再びアンダーパーに戻すと、11番で2.5mのバーディパットを沈め、13番ではピンそば数十cmに寄せるチップショットを見せると、17番では12メートルのバーディパットを沈め、終盤にこの日最高のプレーを披露した。

「とても嬉しいね。今週はまた違った試練だからね」と語るハウエルは、2013年の10月にセントアンドリュースで欧州ツアー5勝のうちの最後の勝利を挙げている。

「(グリーンが)硬いのは練習ラウンドで分かっていたけど、どれくらいの難度になるか見当をつけるのは難しかったんだ。今日はみんなのスコアがそのトリッキーさを物語っているね」

「今日はドライバーがきれいに打てた。練習レンジでリズムをつかみ、それをコースへ持ち込むことができたから、良くフェアウェイをキープできたし、物事を正しくやってのけることができたね」

「それなりに風が吹いていたけれど、みんなにとって難しいのはグリーンの硬さだね。グリーンは最高のコンディションにあるから、ちゃんと考えて攻めないといけないね」

2番、6番、10番、そして13番でバーディを奪ったドレッジは、このスコアは首位の座をキープするのに十分であると予想し、その通りの展開となった。

「グリーンがとても硬かったから、フェアウェイに打たない限りチャンスはなかったね」とドレッジ。欧州ツアー2勝の彼は成績の振るわなかった2012年シーズンにシード権を失うも、昨季、デンマークとチェコで連続して2位に入り、再びシード権を手にした。

「グリーンは傾斜があって硬かったから、ピンへ寄せるのは簡単ではなかった。とてもトリッキーだったね」

「午後は風が出て、さらにグリーンは硬くなるだろうから、4アンダーが抜かれたら驚くだろうね」

先週、日本ツアーの大会を制したヘンドリーは、その優勝により大幅に自信を深めることになったと認めた。

「(優勝により)少し簡単にゴルフができるようになったと思う」とヘンドリー。「調子が良いときに大会でプレーするのは常に良いものだよ」。

ディフェンディングチャンピオンのアレクサンダー・レビは3アンダーで首位から1打差につけており、フランスの同胞、ジュリアン・ケンと豪州のアマチュア、マーカス・フレイザーが並んでいる。

関連リンク

2015年 ボルボ中国オープン




特集

最も読まれたトピックス記事ランキング
2018年上半期にGDOニュースにて最も読まれたトピックス記事をランキングしました
松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
松山英樹や石川遼の活躍で注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのスマートフォンへお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~