ニュース

欧州男子コマーシャルバンク・カタールマスターズの最新ゴルフニュースをお届け

グレースにツアー6勝目の歓喜

マーク・ウォーレンの猛烈な追い上げを退けたブランデン・グレースが「コマーシャルバンク・カタールマスターズ」を制覇し、欧州ツアー6勝目を達成した。

2日連続で南アフリカのグレースが魔法の瞬間を演出した。パー4の16番、ドライバーで放ったティショットがピンそば1.5メートルに寄り、グレースは勝負の行方を決定付けるイーグルを奪って3日目を「66」でラウンドし、通算19アンダーまでスコアを伸ばした。

グレースは土曜日に木々の中からスナップを利かせたフックをウェッジで放っており、この際はバーディを奪い、不安定なスタートからの立て直しに成功し、3日目の「68」につなげていた。

「素晴らしい一日、素晴らしい一週間だったし、これでまたトロフィーのコレクションが増えたね」とグレース。「またキャロウェイに感謝しないとね。あの16番で、またドライバーが活躍し、ピンそば1.5メートルに寄ったんだ。あれ抜きでは優勝は達成し得なかったからね」。

「あの5番ホールでのウェッジは狙って打ちたいショットではあるけれど、いつも打てるわけではないからね」

「調子は良かった。僕は素晴らしいプレーをしたし、頂点に立つことができた」

今季、グレースは既に母国での「アルフレッド・ダンヒル選手権」を制しており、この勝利により2015年の「レース・トゥ・ドバイ」では2勝目を挙げたことになる。

グレースとウォーレン、エミリアーノ・グリージョとベルント・ウィスベルガーの4人が首位で並ぶ状況でスタートしたドーハGCでの最終日は、その他の選手も優勝争いに加わるドラマチックな展開となった。

まず動きを見せたのはウォーレン。1番で3メートル、2番で4.5メートルのバーディパットを沈めるも、ティショットを池に落としたパー3の8番ではダブルボギーを叩き、スタートダッシュに歯止めが掛かる格好となった。

一方、2番と3番でボギーを叩き、出だしでつまずいたウィスベルガーだったが、5番と7番でバーディを奪って盛り返しを見せると、後半の出だしで3連続バーディ奪って大会の主導権を握った。

フランスのグレゴリー・ボーディは前半を6アンダーの「30」でラウンドし、優勝争いに加わるも、15番でパーセーブを失敗したことにより優勝の望みが絶たれることになった。一方、韓国のアン・ビョンハンは最終日を「65」でラウンドし、大いに気を吐いた。最終ホールでカップの縁に嫌われたバーディパットが決まっていれば、後続の選手に対しプレッシャーを与えられる存在となっていたことだろう。

ウォーレンは9番と10番でバーディを奪って勢いを取り戻し、10ホール連続でパーとしていたグレースは12番でようやくこの日2つ目のバーディを奪って動きを見せた。

グレースは14番で15メートルのバーディパットを決めて“グータッチ”を見せるも、ウォーレンは13番と14番でバーディを奪ってさらに攻勢を強めた。

グレースが16番で見せた魔法の瞬間により勝負は決したかに見えたが、ウォーレンも同ホールでバーディを奪い、続くパー3の17番では見事なティショットから2.5メートルのバーディを沈めて食い下がった。しかし、最終ホールでグレースが見事なピッチショットからバーディを奪ったのに対し、ウォーレンはバーディパットを決め切れなかった。

「今朝、起きると、僕は意識をしかるべき状態に持っていくため、以前に僕が優勝したときのビデオを見たのだけど、それが奏功したね」とグレース。「あれは良い目の覚まし方だったね」。

「中東は常に勝ちたいと思ってきた地の一つだ。こういうタイプのゴルフコースは自分のプレーに合っていると思っていたし、ここではいつも良いプレーをしてきたんだ」

「この勝利は大きいね。僕をまた正しい道筋へ戻してくれる勝利となった。これで(公式世界ゴルフランキング)トップ50入りを果たしたか、あるいはぎりぎり入っていないくらいには行ったんじゃないかな」

「こういうランキングは僕らがゴルファーとして次のレベルへ上り詰める上で必要なものだからね。このような場所で、こういう特別な形でランキングを上げられたのは良かったね」

最終日を「67」でラウンドしたウォーレンは通算18アンダーの単独2位で大会を終え、3位には最終日を「68」でラウンドしたウィスベルガーが入った。後半を「32」でラウンドしてこの日のスコアを「67」としたエディ・ペパレルが単独4位となった。通算15アンダーの5位タイにはアン、ボーディ、グリージョが入った。

関連リンク

2015年 コマーシャルバンク・カタールマスターズ




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
2018年にGDOニュースにて最も読まれた記事をランキングしました!
松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
松山英樹や石川遼の活躍で注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのスマートフォンへお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~