ニュース

欧州男子オメガ・ヨーロピアン・マスターズの最新ゴルフニュースをお届け

2014年 オメガ・ヨーロピアン・マスターズ
期間:09/04〜09/07 場所:クランスシュルシエレGC(スイス)

クラン・モンタナでの3勝目を狙うビヨーン

ディフェンディングチャンピオンのトーマス・ビヨーンは、今週の第80回「オメガ・ヨーロピアン・マスターズ」にて、壮観なクラン・シュル・シエレGCを過去の王者たちと共に練り歩くことになる。

この大会で過去に2勝を挙げ、2位も2回記録しているビヨーンに加え、リッチー・ラムジー(2012年)、ミゲル・アンヘル・ヒメネス(2010年)、ジャン・フランソワ・ルクイン(2008年)、ブレット・ラムフォード(2007年)、ブラッドリー・ドレッジ(2006年)、ロバート・カールソン(2002年)、リカルド・ゴンサレス(2001年)、スベン・ストルーパー(1998年)、マティアス・グレンベリ(1995年)、そしてホセ・マリア・オラサバル(1986年)といった過去の優勝者たちがクラン・モンタナに集うのである。

<< 下に続く >>

現在「レース・トゥ・ドバイ」で3位につけるビヨーンは、賞金総額230万ユーロのこの大会に出場する3人の「ライダーカップ」欧州代表チーム入りが決定した選手の一人であり、他にはウェールズのジェイミー・ドナルドソンとフランスのビクトル・デュビッソンがスイスアルプスへ向かうことになる。

一方、地元の期待を背負うのはマーティン・ロミンガー、ラファエル・デ・ソウザ、ダミエン・ユーリッヒ、そしてフレデリク・スベンベルグの4人だ。この他にも、アジアンツアーから30名の精鋭が集う予定となっており、その中にはアニルバン・ラヒリラヒル・ガンジーのインド人コンビも含まれ、勿論タイ出身でヨーロピアンツアー6勝のトンチャイ・ジェイディーもやって来る。

1939年からこの大会の開催地となっているだけあって、クラン・シュル・シエレGCといえば「オメガ・ヨーロピアン・マスターズ」の同義語にもなっているほどで、この地はヨーロピアンツアーの国際スケジュールの中でも最も風光明媚な地の一つとして広く知れ渡っている。

近年、このセベ・バレステロス設計のレイアウトは、580万ユーロが投じられて、13番グリーンの回りには古代ローマ風の円形観覧席が新設され、10番と12番のフェアウェイには2つの池が造成され、その他にも色々な改良が加えられるなど、大々的なコース改修が為された。

今年も更なる投資のもと、フロントナインでは幾つかのバンカーに対する改造と移転が行われ、1番、2番、そして4番ホールのフェアウェイも新たに変造されている。

最も注目すべきコース改修は9番ホールに見られ、このホールは新しい壮観なグリーンに一変した。

このコース改修を発表した記者会見の席で、今年は会長として50周年を祝ったガストン・F・バラス氏を長とする組織委員会は、2015年はこの大会の開催が早まり、来年は7月23日から26日にかけて開催される旨も併せて発表した。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2014年 オメガ・ヨーロピアン・マスターズ

距離測定器はピンまでを測るだけのツールじゃない!トップアマはニコンレーザー距離計「COOLSHOT AS」でゴルフ力を磨いていた!

距離測定器はピンまでを測るだけのツールじゃない!トップアマはニコンレーザー距離計「COOLSHOT AS」でゴルフ力を磨いていた!
「距離測定器を使うと感性が磨かれず、ゴルフが下手になる」と考えているゴルファーがいるが、トップアマの遠山さんは「ゴルフ力アップの強力なアイテムになる」と断言する。遠山さんに「COOLSHOT AS」を使いながら実際にプレーしてもらって使用のコツを聞いた。【今なら!GDOアマチュア選手権限定企画として1日程25名様限定で大会当日に「COOLSHOT AS」を無料貸出キャンペーン実施中!要事前予約】



特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!