ニュース

欧州男子ザ・選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2014年 ザ・選手権
期間:05/01〜05/04 場所:ラグナナショナルG&CC(シンガポール)

終盤に追い上げたハンセンがピッタヤラットと並び首位タイへ

ラグナナショナルでの「ザ・選手権」3日目は、ラウンドの終盤に3連続バーディを奪ったアンダース・ハンセンパヌポール・ピッタヤラットを捉え首位タイへと浮上した。

手首の手術により6ヶ月間実戦から離れていたデンマークのハンセンは、この大会が復帰後僅か4戦目となるのだが、シンガポールでの3日目を「67」でラウンドした。通算16アンダーとしたハンセンは、3日目を単独首位で迎えこの日を「69」でラウンドしたタイのピッタヤラットと並んだ。

<< 下に続く >>

3位タイには首位から2打ビハインドで米国のデビッド・リプスキーとオランダのロバート・ヤン・デルクセンがつけており、5位タイにはフランスのグレゴリー・ボーディーとイングランドのクリス・ウッドが通算13アンダーで並んでいる。

ピンポジションが初めの2日間と比べると厳しくなりスコアが抑制される中、ハンセンは出だしの1番で2打目をピン側2メートルに寄せ、バーディを奪うことに成功した。その後、ショートホールの8番で4メートル弱のバーディパットを静めたハンセンは前半を「34」で折り返すと、後半はロングホールの15番でのバーディを皮切りに、16番では8メートルのバーディパットを決め、続く17番でもバーディを奪いノーボギーでこの日のラウンドを終了した。

「すごく満足している」と、ヨーロピアンツアー2勝のハンセン。「今日はショットがそこまで良くなかったのだけど、終盤何ホールかは幾つか良いパットを決めることができた」。「グリーンを捕えることはできたけれど、最初の2日間ほどは近くに寄せることができなかった」。「あの3つのバーディで締め括れたのは良かった。今日は少し風が強かったから、更にトリッキーだったね。素晴らしい締め括りだった」。

「天辺にいるのは良いものだから、明日が楽しみだ。勝負は好きだし、プレッシャーの掛かる状況下でプレーするのも好きだ。注目を浴びるからね」。

21歳のピッタヤラットは4バーディを奪うも、パー3の17番で今週2つ目のボギーを叩いてしまった。右側の池を嫌ったピッタヤラットはティショットをグリーン左へ外してしまったのである。それでも「この大会へ臨むにあたり、アジアンツアーでは3大会連続して予選落ちしていました」とピッタヤラト。「今週のこれまでの自分のパフォーマンスは確実に自信に繋がっています」。「明日は何が起ころうとも、ただ自分のゴルフをプレーしようと思います」。

ヨーロピアンツアーで挙げた2勝のうち最後の勝利を9年前に飾っている40歳のデルクセンは今シーズン終了をもって引退する予定となっているものの、この日のラウンドは「67」と大いに気を吐いた。「すごく良いプレーができているし、ティからグリーンに掛けてしっかりと打てている」とデルクセン。「グリーンではまだ少し苦戦しているのだけど」。「ただ、良い点は沢山あったから、明日は悪かった部分をなくしたいね」。

「香港と同じように、ここは短いコースだけど、ちゃんと道筋を考えねばならず、そこが僕のゴルフにあっていると思う。明日も良いプレーができればいいね」。「シーズン終了までにもう1勝することができたら素敵だね。引退前にトップ60以内に入って、もう1勝できれば最高の花道になるね」。

リプスキーは6バーディを奪うも、ピッタヤラト同様、難関の17番でボギーを叩いてしまった。12番ホールまでに3つのバーディを奪ったチリのフェリペ・アギラーは、この時点で首位に躍り出たのだが、2打目を池に落とした13番でダブルボギーを叩くと17番でもボギーを叩き、結局この日のラウンドを「72」として、通算12アンダーのまま最終日を迎えることになった。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2014年 ザ・選手権




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!