ニュース

欧州男子バランタイン選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2013年 バランタイン選手権
期間:04/25〜04/28 場所:ブラックストーンGC(韓国)

オムスビーとフォンバニが一歩抜け出す

2013/04/27 13:30


バランタイン・チャンピオンシップ2日目、後半2つのバーディを奪ったオーストラリアのW・オムスビーが首位タイに立った。

4度のヨーロピアンツアーのQスクールを経験した33歳のオムスビーは今週、アジアンツアーとの共催のメンバーとして、スコア「67」の5アンダーで2日目をラウンドした。

<< 下に続く >>

初日を「70」としたオムスビーはこれで通算7アンダーとし、2日目を「69」で回ったタイのA・フォンバニと共に首位タイとしている。

初日は視界不良のため2時間の中断があり、2日目は雷による80分の遅延によりおよそ選手の半分が残りのホールを3日目の早朝からラウンドする。

初日の続きを2日目早朝からスタートした70人の選手のうちのひとりであるオムスビーは予選2日目のラウンドで2番ホールをボギーとしたものの、バックナインを「32」とし優勝争いをリードしている。

今月初旬にインドで開催されたパナソニック・オープンでプロ初優勝を飾ったオムスビーは好調を維持し、7番ホール、9番ホールで素晴らしいロングパットを披露した。そして16番ホール、18番ホールのパットでついに首位に立った。

「今の僕のゴルフはとてもいい感じだ。ここ2週間は地元で練習をしていた。好調のままこの大会に出場できたことは良いことだ」とオムスビーは言った。

「サスペンデッドとなる前の2番ホールで3パットをしてしまい、3番ホールと4番ホールでグリーンに速さに苦戦したよ。その後もいくつかのパットをショートしてしまったけど7番から9番ホールでは良いプレーができた。」と彼は言った。

ここ最近、自身初のアジアンツアー優勝を飾ったフォンバニは「今日の出来、そしてスコアをとても嬉しく思っているよ。明日も同じゲームプランで臨み、そこから更に上を目指したいね。」

「自分自身のゴルフに集中すればいつもベストな結果が得られるんだ」

南アフリカのJ・クルーガー、スウェーデンのA・ノーレン、そしてイングランドのJ・モリソンは首位から1打差の2位につけている。

ノーレンが2番ホールのアプローチを打とうとした時に、彼から数ヤードしか離れていない藪から野生のシカが飛び出すというサプライズもあったが、彼はこれを切り抜けた。

幸運なことに彼は走って逃げるシカに気が付く前にスイングを終えていたが、その後もシカは驚いて少し飛び跳ね、そしてテレビカメラに向かっていぶかしげな表情をしていた。

ヨーロピアンツアーで3度の優勝を経験しているノーレンはそのホールをパーとし、上がり6ホールで4バーディを奪い2日目を終えた。

大会前、優勝候補筆頭だったL・ウーストハイゼンは初日を「69」、2日目を「71」とし、首位から3打差の位置につけている。

全英オープンで優勝経験のあるウーストハイゼンはこの日2バーディ、15パー、そしてグリーン左サイドからの寄せワンに失敗し9番ホールでの唯一のボギーという成績だった。

イングランドのT・フリートウッドは2ホールを残し荒天による遅延の合図が鳴らされるまでは7アンダーの素晴らしいゴルフをしていたが、再開後に残り2ホールを共にボギーとしスコアを5アンダーに落とした。

遅い組でスタートした選手のほとんどはスコアメイクに苦戦したが、その中でスコットランドのS・ギャラハーはフロントナインを「34」で回りバックナインに入っても12番ホールでバーディを奪った。

初日首位タイだったJ・エドフォース、M・ボールドウィン、そして金基換は揃って2日目を1オーダーで回り通算4アンダーとした。オーストラリアのK・プラットはバックナインを3オーバーとし通算2アンダーとしている。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2013年 バランタイン選手権




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!