ニュース

欧州男子スペインオープンの最新ゴルフニュースをお届け

2013年 スペインオープン
期間:04/18〜04/21 場所:パラドール・デ・エルサレル(スペイン)

マドセンとスタールが一躍トップへ

「スペインオープン」初日、チャレンジツアー出身のモルテン・オラム・マドセン(デンマーク)とゲーリー・スタール(フランス)はフェリペ・アグラー(チリ)と共に首位タイとなり、欧州ツアーにおいてもその実力を証明した。

昨シーズン、チャレンジツアーで2勝を挙げ17位となったスタールはこの日ノーボギー、4つのバーディでラウンドした。

<< 下に続く >>

トーマス・ビヨーンと同じシルケボアGKクラブ出身で今年25歳のマドセンは5バーディ、1ボギーのゴルフでスコア「68」として4アンダーで初日を終えた。

5年ぶりの欧州ツアータイトルを狙う38歳のアグラーは、今季スタートからの3戦でトップ10フィニッシュをする活躍を見せたが、その後の3戦で予選落ち、または「70」を切れないゴルフを展開した。

しかし、この日午後のスタートとなったアグラーは6バーディ、2ボギーのゴルフで目標としていたスコアを達成し見事に復活した。

「このコースは特に風の少ない午前中はとても良いプレーができる。コンディションは最高だよ。ここはティショットでフェアウェイを外すととても難しいコースなんだ。でもフェアウェイをキープできれば良いスコアを出すチャンスはぐっと広がる。グリーンのコンディションもとてもいいね」とアグラー。

「4アンダーはとても良いスコアだ。だからとても気分がいいよ」。

「数週間の休みを取ったが、それが僕にはとても良かった。僕にはこの休息が必要だと気付いたんだ。そしてパットの修正をして、ボギーやダブルボギーを忘れることにしたんだ」。

「僕はゴルフをとても楽しんでいる。だからここへも来たんだ。楽しんでプレーすることで良いスコアがついてくることを願っているよ」とアグラー。

「今季の出だしはとても良いゴルフができたからツアー資格は確保できている。ここからは『レース・トゥ・ドバイ』と世界ランキングの順位を上げるために頑張りたい。」

「通常ここは午後に風が出てくる。だから午前中に良い位置にいられることは良いことだよ。明日は今日よりも風がありそうだし、重要な1日になるね。どうなるか見ものだね」。

初日は8人の選手が3アンダーで2位タイとなっている。

「マスターズ」で20位に入ったゴンサロ・フェルナンデスカスタノ(スペイン)はその調子を保ち、初日「69」でラウンドした。またセルヒオ・ガルシア(スペイン)は初日をイーブンパーとしている。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2013年 スペインオープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!