ニュース

欧州男子ツワネオープンの最新ゴルフニュースをお届け

2013年 ツワネオープン
期間:02/28〜03/03 コッパーリーフG&C(南アフリカ)

嵐の前に輝きを見せたC.クッツェー

激しい雷の影響でサスペンデッドになったツワネオープンの2日目。チャール・クッツェー(南アフリカ)は首位に立って、クラブハウスへと戻った。プロとしての初優勝を目指すクッツェーのこの日のスコアは「65」。4打差をつけて優位に立ち、午前中のラウンドを終えた。

しかしながら、クーパーリーフゴルフ&カントリーエステートでの午後のスコアは各選手ともにとても素晴らしいものになった。マーク・ツロ(チリ)は、暗雲がたちこめ、(サスペンデッドの)ホーンが鳴る前に「66」でラウンドを終え、首位との差を1打に詰めた。

ダレン・フィチャート(南アフリカ)は初日を終えて2打差で首位に立っていたのだが、クッツェーが代わって首位に立つことになった。クッツェーは、2番、3番そして8番をバーディとし、前半を「33」で折り返した。

クッツェーは一時的にデビッド・ハウエル(イングランド)とダニー・ウィレット(イングランド)と並んでいたが、そのイングランド勢がラウンドを終えた後、クッツェーは終盤7ホール中4ホールでバーディを奪い、トーナメントの前半を終えた段階で12アンダーまでスコアを伸ばした。

「楽しくプレーすることができたよ」とクッツェー。「随分長い間、これだけ楽しむことができていなかったんだ。調子良くプレーできると相乗効果があるんだ、調子が上がれば上がるほどプレー自体が楽しくなるってね」、「今日は調子が良くて、たくさんフェアウェイをとらえることができた。グリーンにもよく乗せることができたし、パットも調子が良かった。これが今日のキーだね。」

「この大会はまだまだ残りがあるし、第1ラウンドを終えてトップに立っていた選手たちはまだティオフしたばかりだからね。だから、2日目の残りと、そして残りの2ラウンドが待っている。僕自身、ここ数週間の中で一番良いプレーができたと感じているよ。」

昨年のチャレンジツアー参戦を経て欧州ツアーに復帰したツロは、前半終了時のスコアがわずか「32」。13番では12フィートのバーディを沈め、17番では6フィートのパットを沈めて、クッツェーの背後にせまっている。「今日も、とても調子が良かった」。彼は2011年の「スコットランドオープン」で3位になったにも関わらず、僅差でシード権を失っていたのだ。

「ティショットからグリーンまで、すべて調子が良かった。パットは調子が良くて、1日を通じて堅実にプレーすることができたよ。堅実にプレーすることができて、とてもハッピーだよ」「僕らがホールアウトした後にサイレンが鳴っているのを聞いて、とてもラッキーだったと思ったよ。朝早くにここに戻ってこなきゃいけないということは、みんな望んでいないからね」

「本当の戦いは日曜日のバック9から始まるから、その時まで優勝争いをできる位置に付けていられたら嬉しい」

もう一人の南アフリカ出身選手であるダウィー・ヴァン・デル・ウォルトも、4ホールを残して11アンダー。かつての全米アマチュアチャンピオンであるアメリカ人のピーター・ユーラインは、最終ホールでチップインを決めバック9を「31」で回り、2日目を「66」でラウンド。通算10アンダーで4位につけている。

第2ラウンドは、土曜日の午前6時45分から再開される。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2013年 ツワネオープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。