ニュース

欧州男子カナリア諸島選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2021年 カナリア諸島選手権
期間:05/06〜05/09 場所:アデヘGC(スペイン)

「カナリア諸島選手権」で知っておくべき5つのこと

ヨーロピアンツアーは引き続きテネリフェにとどまり、今週は「カナリア諸島選手権」が開催される。同大会について知っておくべき5つのポイントは次の通り。

カナリア諸島スイング最終レグ

ヨーロピアンツアーは2週連続でコスタ・アデヘでの開催。今週はカナリア諸島スイング3戦目の最終戦となる。

<< 下に続く >>

これまでカナリア諸島スイングでは、「グラン・カナリアオープン」でガリック・ヒーゴ、そして「テネリフェオープン」でディーン・バーメスターと、いずれも南アフリカ人選手がそれぞれヨーロピアンツアー2勝目を挙げている。

ロースコア続出のコスタ・アデへ

コスタ・アデヘでヨーロピアンツアーが開催されたのは、先週の「テネリフェオープン」がわずか2度目のことであり、今週もフィールドはホセ・ガンセド設計コースを再訪し、同地でのツアー史上3度目の大会が開催される。

ケニー・フェリーが優勝した2005年の「スペインオープン」開催時との最大の違いは、8番ホールがパー5からパー4に変更されたことで、パー71でのプレーとなった点である。また、コース全長も41yd長くなっている。

パーの設定が低くなったとはいえ、今週は多くのロースコアのラウンドが予想される。先週は、トービヨン・オルセン(第1ラウンド)、ニコライ・フォン・デリングシャウゼン(第2ラウンド)、そして優勝したディーン・バーメスター(最終ラウンド)が「62」をマークしているが、スコット・ジェイミソンはそれをさらに上回る新コースレコードの「61」を第2ラウンドでマークした。

「単にシンプルなことを上手くこなしただけ。ここぞという時にパットを決め、流れを切らさなかったんだ」とジェイミソンは述べた。

ヨーロピアンツアー史上最長パー4

560ydあるコスタ・アデへの8番ホールは、ヨーロピアンツアー史上最長のパー4であり、通常はパー5でプレーされている。

先週のこのホールのフィールド平均スコアは4.40で、「テネリフェオープン」で最も難しいホールとなった。

フィールド詳細

これまでのところ、カナリア諸島スイングは南アフリカ勢が支配しており、今季ヨーロピアンツアーで優勝したジャスティン・ハーディングダニエル・バントンダーに続く形で、ガリック・ヒーゴディーン・バーメスターが同地で勝利を飾った。

ヒーゴは、グラン・カナリアとテネリフェで2週連続トップ10入りを果たした唯一の選手となっている。彼は「全米プロゴルフ選手権」でのデビューを前に、今週は4週連続トップ10入りを目指してティオフする。一方、バーメスターや先週2位に入ったカル・サモーアといった選手は、今季メジャー第2戦への出場をかなえるべく、好成績を期して今週の大会に出場する。

この他では、トービヨン・オルセン(直近の2週で5位タイと12位)、アドリアン・メロンク(グラン・カナリアでの15位タイを経て、先週は3位)、そして「オーストリアゴルフオープン」で、ここ12カ月でのヨーロピアンツアー3勝目を挙げ、テネリフェでは5位タイに入ったジョン・キャトリンは、目下好調の注目選手となっている。

「レース・トゥ・ドバイ」ファンタジーゲーム

ヨーロピアンツアーの「レース・トゥ・ドバイ」ファンタジーゲームは、今週テネリフェでの「カナリア諸島選手権」へと続く。

週ごとの賞品やシーズンを通した賞品を懸け、参加者は6人編成のチームを組み、プライベートリーグ、週刊トップ10チャレンジ、そして1対1のコンペティションでプレーすることができる。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2021年 カナリア諸島選手権




特集

2021年上半期ランキング
日本勢の歴史的な快挙が続く2021年。2020年下半期と比較し、プロフィールへのアクセス数が急上昇した選手をランキング形式でご紹介します。意外な理由で注目度が上がった選手も! 1位に輝いた選手は誰?
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!