ニュース

欧州男子の最新ゴルフニュースをお届け

欧州ツアー2020年シーズン記録誕生の瞬間を振り返る

2021/01/01 17:45

最速ラウンドから新スコア記録、そしてヨーロピアンツアーで初めてプレーした障がい者ゴルファーまで、2020年シーズンに生まれた記録誕生の瞬間を一挙に振り返ってみよう。

11月(2019年)

<< 下に続く >>

2020年シーズンは南アフリカの「アルフレッドダンヒル選手権」での歴史的な大会規定の変更から始まった。この大会では、高温のためツアー史上初めて試合日でのショートパンツ着用が許可されたのである。

12月(2019年)

シーズン2戦目の「アフラシアバンクモーリシャスオープン」で、ヨーロピアンツアー出場わずか4試合目だったデンマークのティーンエイジャー、ラスムス・ホイゴーがプレーオフの末にツアー初制覇を果たし、初めてツアー優勝を遂げた21世紀生まれの選手として歴史にその名を刻んだ。

その1週間後、土曜のラウンドでニック・フラナガンがコースレコードに並ぶ「63」をマークし、最終的には優勝したアダム・スコットと3打差の6位タイで大会を終えた。

1月

2020年最初の大会では、ツアーでは10年振りにアマチュアとしてトップ10入りしたジェイデン・シェイパーが波を起こした。彼のアマチュアとしての「南アフリカオープン」での成績は、1990年のアーニー・エルス以来の最高順位となった。

その後、リー・ウェストウッドがヨーロピアンツアー24年目で25勝目を挙げ、ヨーロピアンツアー通算勝利数で歴代8位となった。

また、この勝利によりワールドワイドの勝利数を44勝としたウェストウッドは、ツアー史上4つの異なる10年間で優勝を果たした3人目の選手となった。

セバスティアン・セーデルベリは、ウェストウッドによるアブダビでの歴史的な週に続く形で、「オメガドバイデザートクラシック」最終日に記録を塗り替えた。彼はこの日のラウンドをわずか97分でプレーしたのである。

2月

2月の「ヴィックオープン」では、記憶に残る瞬間が生まれた。ミンウ・リーが、姉のミンジーが2014年と2018年に制覇した同名の大会で、ヨーロピアンツアー初優勝を挙げたのである。

その後、2020年最初の世界ゴルフ選手権となった「WGCメキシコ選手権」で、ジョン・ラームがいくつかの記録を打ち立てた。第3ラウンドを10アンダーの「61」で回ったラームは、プロとしての自己ベストを記録しただけでなく、コースレコードを更新すると共に、WGCでの1ラウンドの最少スコアに並んだのである。

7月

ツアーが7月に、新型コロナウイルスの感染拡大による中断期間を経て再開した際、ロビン・シオシーグリストがGCアダムスタルのコースレコードに並ぶ「61」を3日目にマークし、先陣を切ってその名を記録に残した。

そのわずか数日後、ジョン・ラームは世界ゴルフランキングで頂上に登り詰めた2人目のスペイン人選手として、見事な金字塔を打ち立てた。

7月にはミゲル・アンヘル・ヒメネスも、それまでサム・トーランスの保持していた706大会というヨーロピアンツアー最多出場記録を塗り替える形で、ヘッドラインを飾った。

8月

この長く破られていなかった記録が更新される傾向はUKスイングの間も続き、「イングリッシュ選手権」では、優勝したアンディ・サリバンが4日間を「257」でラウンドし、ヨーロピアンツアーの最少通算スコア記録を更新した。それまでの記録だった「258」は、先ず1988年の「AGFビアリッツオープン」にてデビッド・ルエリンがマークし、その後、1990年の「トーラスモンテカルロオープン」でイアン・ウーズナムが同スコアをマークしていた。

8月には、ブレンダン・ラウラーも歴史に名を刻んだ。彼は、初めてヨーロピアンツアーでプレーしたプロの障がい者ゴルファーとなったのである。

またこの月には、「ISPSハンダUK選手権」を制覇したラスムス・ホイゴーもヘッドラインを飾った。彼はツアー出場わずか15試合目にして2勝目を挙げ、マッテオ・マナッセロに次ぐ史上2番目の若さでヨーロピアンツアーにて複数回勝利を挙げた選手となった。

9月

9月には、アジアンツアー4勝で米国出身のジョン・キャトリンが、勝者の輪に入った。南スペインで圧巻のパフォーマンスを見せた29歳は、手に汗握る最終日のバトルでかつての世界ナンバーワンであるマルティン・カイマーを退け、大会史上初となる完全優勝を果たし、ヨーロピアンツアー初優勝を遂げたのである。

10月

2020年にヨーロピアンツアーでトップ10に4回入ったローリー・キャンターは、36ホール終了時点の大会最小スコアを塗り替えた「イタリアオープン」で、初優勝にあと一歩のところまで迫った。

スケジュールが変更された今季のヨーロピアンツアーでは、新規開催となった「アフロディーテヒルズ キプロスオープン」と「アフロディーテヒルズ キプロスショーダウン」の2大会が、ツアーデビューを果たした。

この2大会により、キプロスはヨーロピアンツアーの開催された50カ国目の国となった。

11月

初めて11月に「マスターズ」が開催されたオーガスタナショナルでは、多くの記録が生まれた。

この週にメジャー2勝目を挙げたダスティン・ジョンソンは、それまでタイガー・ウッズジョーダン・スピースが保持していた通算19アンダーの大会最少スコア記録を塗り替え、同大会で初めて通算20アンダーに達した選手となった。

ベルンハルト・ランガーが史上最年長での予選通過を果たしたほか、イム・ソンジェが大会初出場選手としての最少通算スコアを更新し、キャメロン・スミスが大会史上初となる、全4ラウンドで60台をマークする快挙達成を遂げた。

一方、その2週間後には、54ホール終了時点で大会をリードしていたアドリアン・メロンクが、ヨーロピアンツアー史上初のポーランド人王者にはなり損ねたものの、ツアーの大会のラウンド終了時点で首位に立った初のポーランド人選手として歴史にその名を残している。

12月

南アフリカスイングではクリスティアン・ベゾイデンハウトが躍動し、「アルフレッドダンヒル選手権」と「南アフリカオープン」を制覇して、2017年のジャスティン・ローズ以来となる2週連続優勝を果たした。

そして、シーズン最終戦では、リー・ウェストウッドが2つの新記録を樹立して、この年を締めくくった。

3度目の年間制覇を果たしたウェストウッドは、「レース・トゥ・ドバイ」最年長王者となるとともに、最初と最後の年間王者の期間を20年とする最長記録を打ち立てた。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク




特集

2021年上半期ランキング
日本勢の歴史的な快挙が続く2021年。2020年下半期と比較し、プロフィールへのアクセス数が急上昇した選手をランキング形式でご紹介します。意外な理由で注目度が上がった選手も! 1位に輝いた選手は誰?
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!