ニュース

欧州男子の最新ゴルフニュースをお届け

今季これまでを振り返る: 歴史的快挙

ラスムス・ホイガールトリー・ウェストウッドは、ともに今季序盤の勝利でヨーロピアンツアーの歴史にその名を刻んだ。

新規シリーズ、UKスイング初戦の「ブリティッシュマスターズ」を前に、オーストリアでの2つのデュアルランキング・イベントでツアー再開が間近に迫った今、前述の2人による歴史的快挙を振り返って見ることにした。

<< 下に続く >>

ラスムス・ホイガールトが史上3番目の若さでツアー制覇を達成

ラスムス・ホイガールトは今季2戦目の「アフラシアバンクモーリシャスオープン」をプレーオフの末に制覇し、ヨーロピアンツアー史上3番目の若さでツアー制覇を果たした。

当時ホイガールトは18歳271日だったのだが、これより若い年齢でヨーロピアンツアーを制覇したのは、17歳でツアー2勝を挙げたイタリアのマッテオ・マナッセロとニュージーランドのダニー・リーのみである。

18歳のデンマーク人選手は、18番でバーディを奪って通算19アンダーとしたことで、イタリアのレナート・パラトーレとフランスのアントワーヌ・ロズナーと並ぶ三つ巴のプレーオフを強いられたのだが、ヘリテージGCでのプレーオフ決着はこれが3年連続のことだった。

パー5の最終ホールで行われたプレーオフで、ホイガールトは最初の再訪で3.6mのイーグルパットを外すと、2度目の挑戦はバーディでロズナーと引き分け、プレーオフ3ホール目で同様の長さのバーディパットを沈め、3度目の正直でタイトルを物にした。

「夢が現実になりました」とホイガールト。「信じられないくらい素晴らしいですね。この若さでヨーロピアンツアーにてプレーするだけでも夢が現実になったようなものですが、今こうして勝者となったのは、驚くべきことです。言葉では説明できません」。

ホイガールトはヨーロピアンツアー出場わずか5大会目にして初勝利を挙げたことで、デンマーク人として最速でツアー制覇を果たした選手となった。なお、それまでは、ツアー15勝で2018年「ライダーカップ」欧州代表キャプテンのトーマス・ビヨーンによる24大会目の初勝利がデンマーク人による最速記録だった。

リー・ウェストウッドがアブダビでツアー25勝を達成

今季序盤、リー・ウェストウッドは首位の座を守り通す圧巻のゴルフで2020年「アブダブHSBC選手権」を制覇し、ヨーロピアンツアー25勝目を挙げた。

砂漠の決戦での最終日を1打差の首位で迎えたイングランドのベテランは、この日、一時的に首位に並ばれることはあっても、その座を譲ることはなく、「67」をマークして通算19アンダーとし、同胞のマシュー・フィッツパトリックトミー・フリートウッド、そしてフランスのビクトル・ペレスに2打差をつけて優勝した。

この勝利により、ウェストウッドは4つの異なる年代の10年間(1990年代、2000年代、2010年代、2020年代)でツアー制覇を遂げた3人目の選手となり、ワールドワイドの勝利数を44に伸ばした。

「自分がこんなに年を取ったことが信じられない」と、ウェストウッドは1990年代、2000年代、2010年代、そして2020年代で優勝したことについての感慨を述べた。「勝つのはどんどん難しくなっている」

「試合に出て、まだやれることを証明し続けるのは良いことだね」

「1996年にスウェーデンで初優勝を果たした。その大会では3つの異なる10年間で優勝し、今週はここで優勝した。2020年代も自分の10年間にできるかもしれない」

この大会で「ロレックスシリーズ」2勝目を挙げたウェストウッドは、ヨーロピアンツアー25勝を果たした8人目の選手としてエリートクラブの仲間入りを果たした。彼以外では、セベ・バレステロス(50勝)、ベルンハルト・ランガー(42勝)、タイガー・ウッズ(41勝)、コリン・モンゴメリー(31勝)、サー・ニック・ファルド(30勝)、イアン・ウーズナム(29勝)、そしてアーニー・エルス(28勝)がこの快挙を達成している。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
2020年 全米プロゴルフ選手権
2020年「全米オープン」は6日(木)に開幕する。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!