ニュース

欧州男子の最新ゴルフニュースをお届け

数字で振り返る欧州ツアー2019年シーズン

2019/12/13 06:49

大いに盛り上がったヨーロピアンツアーの2019年シーズンを振り返るべく、我々は印象に残った数字の数々をここにリストアップした。

5,000,000

これはジョン・ラームが「DPワールドツアー選手権」で勝利し、さらに「レース・トゥ・ドバイ」制覇を決めたことで稼ぎ出した金額(米ドル)である。

50

ジョン・ラームは出場したヨーロピアンツアーの大会で、50パーセントの割合でトップ5入りを果たした。スペインのラームは今季12大会に出場し、6大会でトップ5入りしているが、これは昨季ツアーのトップタイの数字である、ちなみに、ともにオーストリアのマティアス・シュワブベルント・ヴィースベルガーも同じく6度のトップ5入りを果たしているが、それぞれ28大会と29大会に出場した上での数字となっている。

760,309

これは2019年シーズンを終えた段階で、ラームが「ロレックスシリーズ」1試合平均で稼ぎ出している金額(ユーロ)である。25歳は2019年だけで「ロレックスシリーズ」にて2勝を挙げており、これまで「レース・トゥ・ドバイ」覇者は同シリーズで計445万1638.26ユーロを稼ぎ出している。

68.61

これは昨季のロリー・マキロイによるヨーロピアンツアーでの平均ストロークであり、これは昨季の最少平均ストロークとなった。

320.49

豪州のウィンウー・リーによる平均飛距離(ヤード)。彼はその類い稀なるヘッドスピードを武器に、2019年シーズン最長の平均飛距離を記録した。

27.82

ラファ・カブレラベローによる昨季ヨーロピアンツアーでの平均パット数であり、これは昨季のツアー最少である。

7.82

ジャスティン・ハーディングが記録した1ラウンドあたりの1パット数。これは、この南アフリカ人選手が2019年に初めて公式世界ゴルフランキングでトップ50入りを果たした理由のひとつとなった。

10

マティアス・シュワブによるトップ10入り回数。この若きオーストリア人選手は、2019年の「レース・トゥ・ドバイ」でトップ10入りの回数を二桁に乗せた唯一の選手となった。

451

エリック・ファンローエンが2019年に奪取したバーディ数であり、昨季のツアー最多記録である。今年「スカンジナビア招待」でヨーロピアンツアー初優勝を果たした南アフリカ人選手は、103ラウンドでこの数字を達成した。

1926

カート・キタヤマがプレーしたホール数。素晴らしいルーキーイヤーを送ったこの米国人選手は、昨季誰よりも多くのホールをプレーし、107ラウンドをこなした。2勝に加え、トップ5入りを4回、トップ10入りを5回記録した。新人王に輝いたロバート・マッキンタイアは、昨季2番目に多くのホールをプレーしており、若きスコットランド人選手は1908ホールをプレーした。

1.96

マシュー・フィッツパトリックによるツアーでの1ラウンドあたりのストローク・ゲインド。昨季未勝利ながら、ツアー最高のストローク・ゲインドをたたき出したこのイングランド人選手が「レース・トゥ・ドバイ」で5位に入ったのも納得である。

77.66

2019年「レース・トゥ・ドバイ」における、マルティン・カイマーのパーオン率。アイアンショットが冴え渡ったメジャー2勝のカイマーは、このカテゴリーでトップの記録をマークした。

3

ラームとヴィースベルガーのシーズン勝利数であり、彼らは他の誰よりも多くの勝利を手にした。「ドバイデューティーフリー アイルランドオープン」で大会2勝目を挙げたラームは、「スペインオープン」で連覇を果たすと、「DPワールドツアー選手権」でも優勝した。一方、手首のケガによる18ヶ月の離脱から復帰したヴィースベルガーは、「メイド・イン・デンマーク」のほか、共に「ロレックスシリーズ」イベントである「アバディーンスタンダードインベストメント スコットランドオープン」と「イタリアオープン」を制覇し、ツアーのトップレベルに返り咲いた。

1

ヨーロピアンツアー史上、投光照明の下で大会が開催された回数。昨季は「ターキッシュエアーラインズオープン」でツアー史上初のナイターが行われ、6人によるプレーオフを勝ち抜いたティレル・ハットンが優勝賞金200万ユーロを手にした。

60

ロバート・ロックが「ドバイデューティーフリー アイルランドオープン」の第2ラウンドでたたき出したスコアであり、昨季の最少スコアである。ロックは最終ホールでバーディパットを惜しくも外し、オリバー・フィッシャー以来ツアー史上2人目の「59」達成を逃した。

7

ブライソン・デシャンボーが「オメガドバイデザートクラシック」を制覇した際の2位とのストローク差。これは昨季最大差での勝利となった。

16

昨季ツアーで初優勝を遂げた選手の数。達成者は以下の通り。
?アーロン・ライ(ホンマ香港オープン)、カート・キタヤマ(アフラシアバンクモーリシャスオープン)、?ブライソン・デシャンボー(オメガドバイデザートクラシック)、? デビッド・ロウ(ISPSハンダ ヴィックオープン)、ライアン・フォックス(ISPSハンダ ワールドスーパー6パース)、ジャスティン・ハーディング(コマーシャルバンクカタールマスターズ)、ギド・ミリオッツィ(マジカルケニアオープン)、ケビン・キズナー(WGCデルテクノロジーズマッチプレー)、ホルヘ・カンピージョ(ハッサンIIトロフィー)、マーカス・キンハルト(ベットフレッドブリティッシュマスターズ)、ゲーリー・ウッドランド(全米オープン)、クリスチャン・ベゾイデンハウト(アンダルシアマスターズ)、エリック・ファンローエン(スカンジナビア招待)、セバスチャン・セーデルベリ(オメガヨーロピアンマスターズ)、ビクトル・ペレズ(アルフレッド・ダンヒルリンクス選手権)、スティーブン・ブラウン(ポルトガルマスターズ)

おすすめ記事通知を受け取る



特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。