ニュース

欧州男子アフラシアバンク・モーリシャスオープンの最新ゴルフニュースをお届け

10代のホイガールトがモーリシャスで歴史的勝利

ラスムス・ホイガールトがプレーオフまでもつれ込んだ激闘を制して「アフラシアバンク・モーリシャスオープン」で優勝を飾り、史上3番目の若さでヨーロピアンツアー制覇を遂げた。

デンマーク出身の18歳は、72ホール目でバーディを奪って通算19アンダーとして、イタリアのレナート・パラトーレ、フランスのアントワン・ロズナーと並び、勝負の行方はヘリテージGC開催では3大会連続となるプレーオフへともつれ込んだ。

パー5の18番で行われたプレーオフ1ホール目で、ホイガールトは優勝の懸かった3.6mのイーグルパットを外したが、2ホール目ではロズナーとともにバーディを奪うと、3ホール目で同様の距離のバーディパットを沈めて勝利を手にした。

今大会において、ホイガールトは18歳271日でツアー制覇を遂げたが、これまで彼よりも若年でヨーロピアンツアー優勝を飾ったのは、17歳で2勝したイタリアのマッテオ・マナッセロとニュージーランドのダニー・リーの2人だけである。

2018年に双子の兄弟のニコライ、ジョン・アクセルセンとともにアイゼンハワートロフィーを勝ち取って名を上げたホイガールトは、同年にニコライと「ジュニアライダーカップ」にも出場している。

ニコライは昨年の「KLMオープン」でセルヒオ・ガルシアに次ぐ2位に入っているが、21世紀生まれの選手として史上初めてQスクール突破を果たしたホイガールトは、出場わずか5大会目にしてのヨーロピアンツアー制覇となった。

またこれにより、彼はデンマーク人選手によるヨーロピアンツアー最速優勝記録を塗り替えた。これまでは、2018年「ライダーカップ」でキャプテンを務めたヨーロピアンツアー15勝のトーマス・ビヨーンによる出場24大会目での初制覇が同国の最速記録だった。

「夢が叶いました」とホイガールト。「素晴らしいですね。こんな若さでヨーロピアンツアーにてプレーできること自体、夢のような話なのに、勝ってしまったのですから、信じられないくらい驚いています。言葉では言い表せないですね。次の挑戦が楽しみです」

「とにかく我慢してプレーするように努め、できる限りバーディチャンスにつけて、パットが入るかどうかというプレーを続けました」

「(プレーオフでは)失う物は何もないと思っていましたし、今日は一日ドライバーが良かったですね。18番では3回続けて良い2打目を打ち、3度目でやり遂げることができました」

正規ホールで、ホイガールトは首位と1打差で最終日をスタート。2打目をピンそば2.1mにつけた1番でバーディを奪うと、パー5の2番では3.6mのイーグルパットを沈めて2打差の単独首位に抜け出した。

パラトーレは2番でバーディを奪うと、傾斜を上手く利用した4番では1m弱のバーディパットを沈めて2位タイに浮上した。

ホイガールトは4番でチップショットをミスすると、5番では第2打がまともなスタンスから打てない状況となり、2ホール連続でボギーをたたいた。

先の組で回るパラトーレは、6番で長い下りのフックラインを読み切って首位に抜け出すと、パー5の7番では2パットのバーディを奪ってリードを2打差に広げた。

パラトーレは短いパー4の9番で、ティショットをグリーン脇まで運んでスコアを伸ばし、「31」でハーフターンしたが、続く10番で3パットのボギーを喫すると、その直後に後続集団に飲み込まれ、5人が首位タイで並ぶ状況となった。

この先頭集団には、10番で15mのバーディパットを沈めたホイガールト、そして1番と3番でボギーをたたきながらも、見事な盛り返しを見せて通算18アンダーとしたロズナーもつけた。

ロズナーはワンオン可能なパー4の5番でバーディを奪うと、パー5の7番、さらには10番と11番でもバーディを奪って首位タイに浮上した。

通算18アンダーの首位タイ集団は、その後7人に膨れ上がるも、14番で2パットのバーディを奪ったロズナーが一歩抜け出すことに。

一方、パラトーレは13番で寄せワンを失敗するも、続く14番でリカバリーを見せると、見事なチップショットを見せた18番でバーディを奪い、クラブハウスターゲットを定めた。

その後、18番ではホイガールトが2パットのバーディを奪って通算19アンダーとしたのに対し、ロズナーはレイアップからのパーが精一杯となり、勝負はエクストラホールへ。プレーオフ1ホール目でパラトーレが池につかまったことで、優勝争いはホイガールトとロズナーによる一騎打ちとなった。

通算18アンダーの4位タイには、この日ノーボギーの「64」をマークした南アフリカのルイ・デ・イェーガーのほか、ベルギーのトーマス・デトリー、スコットランドのグラント・フォレスト、そしてフランスのベンジャミン・エベールと、この日一時は首位タイまで順位を上げた4人が入った。

通算17アンダーの8位にはフランスのホバン・シオシーグリストが入り、さらに1打後方の9位タイには同じくフランスのジュリアン・ガーリア、南アフリカのオリバー・ベッカー、米国のキム・シバン、そしてスコットランドのコナー・サイムが入った。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2019年 アフラシアバンク・モーリシャスオープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!