ニュース

米国シニアの最新ゴルフニュースをお届け

シニア・メジャー第一弾「カントリーワイド・トラディション」初日

この大会にはジャック・ニクラスの名前が至るところに書いてある。過去14年間開催コースとなっていた、「デザート・マウンテン」も、今年からの開催コースの「スーパースティション・マウンテン」も両方ともジャック・ニクラス設計。また本人はこの大会に4度優勝している。しかし、今回ばかりはそのニクラスも、腰痛での長いブランク明けで挑むこのメジャーには参戦こそはするものの、あまり多くは期待しないでほしいと語っている。

そのジャック・ニクラスは随所に彼らしいみごとなパットを披露しつつ、結果(73)の1オーバー。同じく1オーバーでフィニッシュしたのが、最終ホールで13メートルのバーディパットを沈めたゲイリー・プレーヤー。首位に立ったのは昨年のシニアPGA賞金王、アレン・ドイル。この日のパーオン率が18ホール中14ホールと、ピンを完璧にとらえるスラップショット(フォロースルーを取らず、ボールを低く打ち出す打ち方:パンチショット)が冴え渡り、8バーディ・2ボギーの(66)。唯一の6アンダーで単独首位スタートとなっている。

◇初日の結果
(-6・66):アレン・ドイル
(-5・67):トム・カイト、ディック・マスト、ジム・ソープ、他
(-4・68):ファジー・ゼラー、ブルース・フライシャー、ホセ・マリア・カニサレス、他
(-3・69):ボビー・ワドキンス、デイブ・ストックトン、ボブ・ギルダー、他

◇注目の選手
(-1・71):ラリー・ネルソン、ダグ・トゥール(昨年の優勝者)、トム・ワイスコフ、ヘイル・アーウィン(キャリアスラムがかかる)
(E・72):トム・ワトソン
(+1):ゲイリー・プレーヤー、ジャック・ニクラス

記事提供元: ゴルフセントラル(C)ザ・ゴルフ・チャンネル


特集SPECIAL

松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
松山英樹や石川遼の活躍で注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのスマートフォンへお届けします。
世界の一流選手のスイングをハイスピード動画でスロー再生。特定選手のスイングを正面・後方からじっくり研究したり、他の選手と比較してみるなど楽しみ方は色々。まずはとくとご覧あれ!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~