ニュース

アジアンタイランドゴルフ選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2014年 タイランドゴルフ選手権
期間:12/11〜12/14 場所:アマタスプリングCC(タイ)

あるぞマスターズ!小田孔明「そのためにここに来ている」

タイにあるアマタスプリングCCで行われているアジアンツアー「タイランドゴルフ選手権」の2日目、風の舞う難コンディションの中、賞金王・小田孔明が3バーディ1ボギーの「69」とスコアを伸ばし、通算イーブンパー。週末へ向け、首位と4打差の9位タイへと浮上を果たした。

新しい肩書きが付いて、まだ一週間も経っていない。「キャディに“さすがっすね”って言われるくらい。あいつに言われても嬉しくないけどね」とほやほやの賞金王は笑い飛ばした。だが、昨年よりも深いラフに、フェアウェイは軟らかく、グリーンは逆に硬い。強い風も加わったコースで、この日アンダーパーを記録したのは12人だけだ。

<< 下に続く >>

10番から出た2日目は、18番でボギーを先行させたが、折り返したアウトでスコアを伸ばした。2番(パー5)ではティショットを左に曲げたが、かろうじて池のふちに止まって、レイアップ後の3打目を7Iでピンそば2mにつけてバーディ奪取。

「勢いがついたね」と、6番でもバーディを重ね、迎えた236yの8番(パー3)では3Iでピン奥の傾斜から戻してあわやホールインワンのスーパーショットでギャラリーを魅了した。「あれは良かったね」と小田。同組で回るバッバ・ワトソン、トンチャイ・ジェイディー(タイ)からも「グッドショット!」と賛辞が飛んだ。

世界ランク53位で迎えている今年の自身最終戦。小田の狙いは当然、年末時点で50位以内に入って、来年の「マスターズ」出場を決めることだ。「(マスターズは)すごく出たい試合。もちろんそのために来ているし、関係なかったら来ていない」。

目標はトップ5に据えている。「そのためには予選を通っていないとダメな話で、今日は頑張ったと思う。これで予選落ちするようじゃ“何やってるんだ”って話になる」。まず1つめの関門はクリアした。週末はさらに上を目指すだけだ。(タイ・チョンブリ/今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2014年 タイランドゴルフ選手権




特集

世界の一流選手のスイングをハイスピード動画でスロー再生。特定選手のスイングを正面・後方からじっくり研究したり、他の選手と比較してみるなど楽しみ方は色々。まずはとくとご覧あれ!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!