ニュース

その他の最新ゴルフニュースをお届け

世界ジュニアの日本代表決定戦が開幕

2015/05/05 18:55

香川西高チームメートで初日首位並走の西山 香川西高チームメートで初日首位並走の西山大広(左)と吉田泰基 (写真提供:IJGA)

PGM世界ジュニアゴルフ選手権日本代表選抜大会が5日、岐阜・花の木GC(15-17歳の部男子7018ヤードほかカテゴリー別)で開幕。15―17歳男子の部第1ラウンドは、香川西高ゴルフ部でチームメートの吉田泰基(3年)と西山大広(3年)が4アンダーの「68」で首位に並んだ。

この日は、3日間54ホールで各部門3人の代表を争う高年齢層カテゴリー(15―17歳、13―14歳の男女、計4部門)の第1ラウンドのみ開催。2日間36ホールで各部門2人の代表を争う低年齢層カテゴリー(11―12歳以下の男女、計6部門)は6日に開幕する。

日本各地区の予選を勝ち上がった選手から選抜される代表は、7月14日に米国サンディエゴで開幕する「世界ジュニア」に出場する。


今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~