ニュース

国内、アメリカ、ヨーロッパの最新ゴルフニュースが満載!

プリセプトが重要なステップを踏み出した

プリセプトがクラブの新製品を出すのは初めてのことではないが、日本のメーカーとしてプリセプト社はこの16年間のアメリカでの活動においては初めて、底辺向けのゴルフ用具の需要を喚起するきわめて重要なステップを踏み出したと言えるだろう。

プリセプト社の営業担当者42人がデモ用クラブ等を携えて小売店へ出向いて行っては、そこに来る顧客に対して試打をしてもらう機会をつくっているのだ。この秋に出る新製品とは、ツアープレミアムCBアイアン、ツアープレミアム2-EZという名の2番アイアンに代わるクラブ、そしてミスをカバーする性能をもつEV アイアンとウッド類である。

<< 下に続く >>

従来、プリセプト社の営業担当は、自分でお金を払って会社からデモ用のクラブを購入しなくてはならなかった。実際に買った担当者はわずかな割合でしかなかったので、製品を顧客に握ってもらうプリセプト社の能力はかなり制限されたものとなっていた。ゴルフ用品産業では当たり前の、そうしたシーディングの欠如、つまり元になるものの供給がなかったことが、これまではプリセプトのクラブの認知度を高めることの足を引っ張ってきた。しかし、ゆっくりだが確実に、プリセプト社のアメリカ人幹部たちは、アメリカ市場で競争するには何が必要なのかを日本側の経営者にも教え込みつつある。2002年の予算計画ではプロのツアーでの使用率を高めるために試合会場を巡回できるテクニカル・ヴァンについても盛り込まれている。マーケティング部長のスティーブン・グラハム氏(Stephen Graham)は次のように語る。

「ささやかなステップだが、ゴルフクラブの分野でプリセプトの名前を広めるにはきわめて重大な最初のステップです。私どものクラブはいつも高品質の製品ですが、アメリカでの生産と供給は限定されていました」
クラブ分野での知名度拡大策はプリセプトにとっては、最近のボール分野での成功に便乗して行われる。それを10月発売の基幹ボールであるツアープレミアムLSにつなげていきたいと考えている。ツアープレミアムLSはプリセプト社が特許を取得したシームレス・カバー・テクノロジー(SCT)を適用した初めてのボールとなる。鋳型からボールを取り出すときにボールの表面に鋳型の合わせ目が全く残らないという技術である。SCTを高らかに宣伝することによって、プリセプト社としては、現在の売り上げナンバーワンであるタイトリストPRO V-1をはじめとするボールは性能の安定性という点では問題があるのではないかという疑問を消費者に抱いてもらうことを望んでいる。PRO V-1にはたしかに判別できる合わせ目がある。その疑問をきっかけに新製品LSに興味をもってもらえるよう期待しているのである。PGAツアーではPRO V-1の合わせ目部分を打つとボールの性能に大きな差が出るというプレイヤーが多数いる。ティショットではそれによって飛距離を伸ばしてアドバンテージを得ていると言うプレイヤーもいるのである。しかし、フェアウエイにあっては合わせ目部分を打つことになるかどうかはわからないので、予測しがたくて不安だという声もある。

ツアープレミアムLSは従来のツアープレミアムよりも飛距離が出る。ツアープレミアムの弾道は比較的低く、スピン量は多かったとグラハム氏は言う。ツアープレミアムの生産をうち切ることは考えていないとのことである。ツアープレミアムLSはゴールドメタリックの箱に入れられ10月には店頭に並ぶ予定。推奨価格は1ダースで50ドル(約6,000円)だが、32ドル99から36ドル99セントで売られることになるだろう。この慎ボールの宣伝には紙媒体もテレビもニック・プライスが起用される。プライスは先のPGAチャンピオンシップでツアープレミアムLSを使用している。また、新製品の発売に向けてクラブだけの紙媒体での宣伝も用意している。概略は以下の通り。

ツアープレミアムCBアイアンは1025マイルド・スチールによる鍛造のキャビティーバックで、上級者から中級者がターゲット。2番、3番、4番、5番アイアンにはタングステンのインサートが三カ所に施され、最適な弾道の得られるように設計されている。シャフトはトゥルーテンパー社ダイナライト・ゴールドで3番からPWまでの8本が推奨864ドル(約10万円)。しかし実売では699ドル(約8万4,000円)とみられる。
ツアープレミアム2-EZは、2番アイアンの代替クラブでロフト18度。ニッケル・タングステンのウエイトが25グラム分、トレーリングエッジに埋め込まれており、ボールを上げやすくなっている。推奨250ドル(約3万円)、市場では185ドルから205ドルと予想されている。
EV アイアンは17-4 ステンレスによる鋳造。ミスをカバーする性能をもつ。価格は480ドル(約5万8,000円)設定だが299ドルから329ドルとなるだろう。EV ウッドは素材がステンレス。ドライバー、3番ウッド、および5番ウッドがあり、ヘッドは比較的薄い。一本が250ドルの価格設定。
By GENE YASUDA (GW)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク




今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!