ニュース

国内、アメリカ、ヨーロッパの最新ゴルフニュースが満載!

2002 PGA マーチャンダイスショー ブースのお値段は?

2002/01/28 09:00

年々ヒートアップしていくPGAショーの「ブース作り」。試打ができるスペースなどは当たり前で、商品の展示や巨大スクリーンの設置などで広さも拡大し続けている。中には2階建てで商談室を設けたりしているブースもある。立て込みは普通で4日前から。大がかりなものばかりでほとんど映画のセット並みの手間がかかり、「張りぼて」的なものではない。

このブースのデザイン、製作、立て込みなどのお値段は、「スポルディング社」で180万ドル、「ナイキ」もほぼ同額だという。しかしこの「金額」に疑問の声があがっている。「ピン」がすでに来年の見本市から欠場することを発表しているが、キャロウェイとタイトリスト社も、この「見本市」のコストパフォーマンスを今後のマーケット・リサーチの結果で調査し、今後の「見本市」への取り組み方を考えるとしている。

<< 下に続く >>

2002 PGA マーチャンダイスショー おもしろ商品紹介

「蚊撃退シールド」は周囲5メートルに特殊な電波を出して、蚊を寄せ付けない。手のひらサイズでベルトに装着すれば夏のゴルフも快適。「自動スパイク外し機」はゴルフシューズ裏のスパイクに機械のノズルの先をくっつければ、ボタン一つで取り外しが楽々。どんなに硬く閉まってしまっていても手が痛くなることはありません。

「日焼け可能グローブ」はゴルファーの悩み(?)であるグローブしている手だけが白く、腕が日焼けしているという「ゴルファー焼け」を防止するもの。さらに「折り畳み可能キャディバッグ」といったものも登場。キャディバッグが折り畳みできても、結局クラブを入れるのであまり活用の意味を見いだせないのだが...。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク




今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!