ニュース

国内、アメリカ、ヨーロッパの最新ゴルフニュースが満載!

石川遼、首位と6打差11位で最終日へ/コロン韓国オープン3日目

韓国のウージョンヒルズCCで開催中のワンアジアツアー「韓国オープン」3日目。5オーバーの22位タイから出た石川遼は5バーディ、3ボギーの「69」で回り、3オーバーの11位に順位を上げた。

優勝争いに加わるべく、ムービングデーのティオフを迎えた石川は、まず出だしでつまずいた。2番から2メートル前後のパーパットを外して2連続ボギーが先行。この日も予選ラウンド同様グリーン上で苦しむかに思われた。

しかし「3日間で一番パットが良かった。スコアを落とさないように攻めないといけなかった。グリーンのスピードをつかめてきた」と話したように、その後は徐々にパッティングでチャンスを活かす。5番(パー5)で3メートルを沈めて最初のバーディとすると、7番で5メートル、8番(パー5)は1.5メートルのバーディチャンスをものにした。さらに後半10番で4つ目とすると、13番(パー3)ではグリーン右手前のラフからアプローチウェッジでチップインバーディを決めた。

16番(パー3)でティショットをバンカーに入れてボギーを叩いたものの、3日目にして初のアンダーパーをマーク。通算3アンダー首位タイのキム・デヒュン、キム・デサブ(ともに韓国)には6打差で迎える最終日。「毎日上手くなるように、やっている。中途半端はよくない。自分のもっているものをすべて出す」と、最後のチャージをかける。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク




今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。