ニュース

アマ・その他東北地方太平洋沖地震の最新ゴルフニュースをお届け

米国男子ツアーが被災者への支援を約束

米国男子ツアー(PGATOUR)のコミッショナー、ティム・フィンチェム氏が、東北地方太平洋沖地震の被災者、被災地へ向けて今後、支援活動を行う考えを示した。

「今のところ、具体的にはノープラン。しかし我々は何かしらの形で支援する」と同コミッショナー。現時点では、求められる最適な支援方法を判断するのは時期尚早として、オバマ大統領はじめ米国政府の対応等を見ながら、そのほかのゴルフ団体との連携の下、数週間のうちに行動に出る方針だ。

米国男子ツアーでは昨年末から今年にわたって発生したオーストラリアの大洪水や、ニュージーランドでの大地震直後も被災地を支援。ブッシュ、クリントン元大統領らと基金も設立している。まずは「今後の展開を見て、我々に何ができるか見極めたい」と情報収集と状況把握に努める。

関連リンク

2011年 東北地方太平洋沖地震



あなたにおすすめ


ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!