ニュース

アマ・その他アジアパシフィック女子アマチュアゴルフ選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2023年 アジアパシフィック女子アマチュアゴルフ選手権
期間:03/09〜03/12 場所:シンガポールアイランドCC(シンガポール)

縮まらなかった4打差に「去年と一緒」 悔しさを育てた荒木優奈の4カ月

◇アジアパシフィック女子アマチュアゴルフ選手権 最終日(12日)◇シンガポールアイランドカントリークラブ(シンガポール)◇6343yd(パー72)

去年11月の大会も、首位と4打差で最終日を迎えて3位に終わった。「去年と一緒、変わらなかった」と悔やむ表情に、前回は表に出さなかった悔し涙がにじんだ。

<< 下に続く >>

自身初の海外渡航だった昨年は、「最後まで思い切り楽しもう」と決めてスタートを切ったら強かった。ボギー発進から崩れることなく「69」をマークして、日本勢最上位の3位でフィニッシュ。「次こそは優勝できるように頑張りたい」と、笑顔に少しの悔しさをにじませて4日間を戦い切った。

4か月経った今回は勝ちたい気持ちが強かった。今年1月の「オーストラリアン・マスター・オブ・アマチュア」で優勝し、「クィーンシリキットカップアジア太平洋女子招待ゴルフチーム選手権」で日本を代表して戦った。前回より海外の経験値も、自信もつけて臨んだ。なのに、同じ4打差を追いかけた最終日は朝から肩に力が入った。1番で3パットを叩いてボギー発進、悔しさを隠しきれずにうつむいた。

直後には果敢にショートサイドを狙ってバウンスバックを決めたが、思うようにスコアは伸びない。パープレーで終盤へ。15番(パー4)でダブルボギーを叩きながらも、「最後まで諦めずにプレーはできました」と上がり3ホールで2つ獲り返してホールアウト。5バーディ、3ボギー1ダブルボギー「72」。勝負の日がパープレーで、今年も3位で大会を終えた。

「今思うと、やっぱり力が入っていたし、気持ちが前に出すぎた」とこぼした。「優勝を狙っていたので、まったく納得いっていない」と悔しさと受け止めた「3位」の結果は、去年とは一味違った。

この日の夜の便でオーストラリアに飛び、ナショナルチームの合宿を経て、次戦は30日開幕の「オーガスタナショナル女子アマチュア」(ジョージア州オーガスタ)に出場する。「あと2週間、万全の状態で臨みたい」と涙をぬぐった。(シンガポール・サイムロード/谷口愛純)

関連リンク

2023年 アジアパシフィック女子アマチュアゴルフ選手権

  • 2023/03/09~2023/03/12
  • シンガポールアイランドCC(シンガポール)


あなたにおすすめ


ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!