ニュース

国内、アメリカ、ヨーロッパの最新ゴルフニュースが満載!

2007年 The Barclaysスコットランドオープン
期間:07/12〜07/15 場所:ロックロモンド(スコットランド)

ヨーロッパで「全英オープン」に備える選手たち

ロッホ・ローモンド・ゴルフクラブは欧州PGAツアー「The Barclaysスコットランドオープン」の舞台として、今ではお馴染みとなった。選手は、素晴らしいコースでプレーできること、そしてゴルフ生誕の地での大会に出場できたことを喜んでいるはずだ。

ショーン・ミキール
「スコットランドはゴルフが生まれた場所だけあって、ファンのゴルフに対する期待も高いですね。」

トーマス・ビヨーン
「このコースが大好きな私を始め、みんな毎年ここに戻ってくるのを楽しみにしているはずです。」

今年もそれは例外ではなく、世界ランキングトップ20のうち7人が欧州PGAツアー「The Barclaysスコットランドオープン」に出場する。トム・ワイスコフ・デザインのコースは、選手の間で絶賛されているようだ。

トーマス・ビヨーン
「雄大な素晴らしいコースです。気分が乗っている日なら、一番ホールが待ちきれませんね。」

「全英オープン」の前週の大会であるため、例年インターナショナルの強豪も揃うが、今年の筆頭は世界ナンバー3のフィル・ミケルソン。メジャーの前週、試合に出ることを好むミケルソンは、この大会5回目の出場でのベストフィニッシュは2000年の7位タイ。ロッホ・ローモンドとリンクスコースのカーヌスティは全く異なるスタイルではあるものの、今シーズンメジャー3戦目に向けての良い準備となることは間違いない。

T.イメルマン
「“全英オープン”のために、自分で納得できるゴルフにしたいですね。常に調整する部分はありますが、来週をポジティブな気持ちで迎えられるように腕を磨きたいと思っています。」

レティーフ・グーセン
「賞金も豪華な素晴らしい大会です。“全英オープン”の準備にぴったりではないにしても、コースコンディションも最高です。いい腕ならしにはなりますからね。」

トーマス・ビヨーン
「ここは“全英オープン”の準備にふさわしくないという人もいますが、リンクスコースでの練習は、3日もやれば充分でしょう。」

また、全英アマチュアのチャンピオン、アメリカのドリュー・ウィーバーも出場。ウィーバーは、この大会の後「全英オープン」でプレーする。

「スコットランドオープン」の優勝は、必ずしも「全英オープン」の活躍を約束するものではない。過去5年間のチャンピオンでは、2004年に勝ったトーマス・レベが、続くロイヤル・トゥルーンでの「全英オープン」での5位タイが最高位となっている。レベは、プレーオフに進んだトッド・ハミルトンアーニー・エルスから5打差でフィニッシュした。

世界ランキング3位のフィル・ミケルソンが出場の欧州PGAツアー「The Barclaysスコットランドオープン」。過去3試合続けて週末プレーをしていないミケルソン、今週はどんなプレーを見せてくれるのだろうか?

パドレイグ・ハリントンは、今週「スコットランドオープン」を欠場し、祖国で「アイルランドPGA選手権」に出場する。舞台となるヨーロピアンクラブは、リンクススタイルのコースなため、ハリントンはカーヌスティに向けてのいい準備となると話している。

ゴルフセントラル(C)ザ・ゴルフ・チャンネル

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2007年 The Barclaysスコットランドオープン




今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!