ニュース

国内、アメリカ、ヨーロッパの最新ゴルフニュースが満載!

関西オープン初日/石川遼が7アンダー単独首位!

国内男子ツアーは3週間の夏休み期間中だが、関西ゴルフ連盟が主催する第74回「関西オープンゴルフ選手権競技」が、滋賀県の滋賀ゴルフクラブで開幕した。この大会は「日本オープン」よりも1年早く第1回大会が開催された日本で最古のオープン競技となる。初日は朝から上空を厚い雲が覆い、霧雨から一時は本格的な雨模様となった。しかし風が強くなった正午ころから雨雲は姿を消し、夏の日差しが照りつけた。

初日、7アンダーをマークし単独首位に立ったのは、石川遼だった。10番からスタートした石川は、スタートホールでいきなりイーグルを奪うと、続く11番でもバーディ。前半を5アンダーで折り返すと、後半も6番、8番でバーディを奪い、ノーボギーでのラウンドとなった。

ホールアウト後、石川は「今日はドライバーがリズム良く打てて、その後に良いショットが続いたのが良かったです。オフの2週間は素振りを多く行ってきました。今までも気合いを入れた素振りをしてきましたが、今回は20スイングを10セットなど、背筋力をアップさせたり、スイングの軸を作ることも意識しています」。

首位の石川を3打差で追うのは吉田泰典。午前中のラウンドとなった吉田は雨の中にもかかわらず7つのバーディを量産。ところが、上がり3ホールを3連続ボギーとしてしまい4アンダーに後退してしまった。

3アンダー単独3位にはアマチュアの嶋崎辰紀。2アンダー4位タイに池田勇太と加藤丈喜の2人が並んでいる。レギュラーツアーでも活躍する白佳和は1アンダー6位タイ。小田孔明は前半を全てパーでラウンドしたが、後半に入るとトリプルボギーに続き、ボギー、ボギー、ダブルボギーと一気にスコアを崩し6オーバーの89位タイと出遅れてしまった。

<上位スコア/参加144名中>
1位 -7 石川遼
2位 -4 吉田泰典
3位 -3 嶋崎辰紀@
4位T -2 加藤丈喜
4位T -2 池田勇太
6位T -1 グレゴリー・マイヤー
6位T -1 松林伊三雄
6位T -1 進藤弘義
6位T -1 白佳和
6位T -1 平山俊介
11位T E 小山栄治郎
11位T E 上平栄道
11位T E 大井手哲
11位T E 大橋義幸
11位T E 大前和也
11位T E 竹本直哉
11位T E 渡部光洋
11位T E 平石武則

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク




今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。