ニュース

米国女子キア・クラシックの最新ゴルフニュースをお届け

2019年 キア・クラシック
期間:03/28〜03/31 アビアラGC(カリフォルニア州)

世界1位のパク・ソンヒョンが首位浮上 畑岡奈紗は9位で決勝へ

◇米国女子◇キア・クラシック 2日目(29日)◇アビアラGC (カリフォルニア州)◇6558yd(パー72)

ともに6アンダー「66」で回った世界ランキング1位のパク・ソンヒョン(韓国)と、昨年ツアー初勝利を挙げたシダパ・スワンナプラ(タイ)が、通算10アンダーとして首位に並んだ。

両者ともに2日間ボギーなし。2017年にメンバーに加わってから、すでにメジャー2勝を含む6勝を挙げたパクはいう。「世界ランク1位は重要だけど、それよりも勝利が大事。今年は5勝が目標なので、あと4勝」。

一方のスワンナプラは今週からアイアンを替え、ボールもタイトリストのプロV1からプロV1xへスイッチした。「アイアンは簡単だし、球はスピンが増えて、よりピンを攻められるようになった」と笑顔。週末もバーディ合戦が続きそうだ。

通算9アンダー3位には、前日首位のチェ・チェラ朴仁妃の韓国勢2人。通算7アンダー5位にマリアホ・ウリベ(コロンビア)とミンジー・リー(オーストラリア)が続き、通算6アンダー7位に、アサハラ・ムニョス(スペイン)とギャビー・ロベス(メキシコ)がつけた。

日本勢では、18位スタートから「70」で回った畑岡奈紗が通算5アンダーとして9位に浮上。首位に5打差で折り返した。通算2アンダーの34位に上原彩子野村敏京。通算1アンダーの46位に横峯さくらと、出場4選手全員が予選通過を果たした。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2019年 キア・クラシック




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!5月のマンスリーゲストには大里桃子プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。