ニュース

米国女子ロッテ選手権の最新ゴルフニュースをお届け

畑岡奈紗が米初勝利へ2打差3位 最終日は最終組

2018/04/14 12:18


◇米国女子◇ロッテ選手権 3日目(13日)◇コオリナGC(ハワイ州)◇6397yd(パー72)

10位から出た畑岡奈紗が5バーディ、1ボギーの「68」とし、通算7アンダーでムービングデーを終えた。首位と2打差の3位タイで最終日を迎える。

ブルック・ヘンダーソン(カナダ)は首位から出て「73」と落としたが、通算9アンダーでその座を維持。後続との差は2打から1打に縮まった。モー・マーティンが通算8アンダーの2位。

畑岡に本格参戦2年目で、米ツアー初優勝のチャンスがめぐってきた。これまでの最高位は昨年8月の「ポートランドクラシック」の15位タイ。今年は、2月の「オーストラリア女子オープン」を16位タイで終えた。

最終日はヘンダーソン、マーティンとの3サムの最終組で、午前11時50分(日本時間15日午前6時50分)にティオフする。日本勢の米ツアー優勝となれば、昨年4月の野村敏京に続き約1年ぶりとなる。

31位スタートの上原彩子は「75」と崩れ、通算4オーバーの58位に順位を落とした。

関連リンク

2018年 ロッテ選手権




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!11月のマンスリーゲストには照山亜寿美プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~